ホーム > 組織情報一覧 > 中播磨県民センター 姫路農業改良普及センター

ここから本文です。

更新日:2018年5月25日

中播磨県民センター 姫路農業改良普及センター

 業務内容

農業技術・栽培技術の指導

(指導項目:主作(米、麦、大豆)、野菜、果樹、花き、畜産、農産物活用、農業経営)

地域課 市町担当普及指導員を中心に配置し、地域特産物の生産振興や中山間地域の活性化、地域農業を支える多様な担い手の育成や確保など地域農業の活性化に向けた支援を中心に取り組んでいます。

経営課 管内の野菜、果樹、花き、畜産、農産物活用、農業経営の指導項目を担当する普及指導員を配置し、高度専門技術の課題に対する普及活動、農業経営の改善など意欲の高い農業者に対する高度・専門的な技術・経営の支援を中心的に取り組んでいます。

問い合わせ先

〒670-0965

姫路市東延末3丁目13番 姫路白鷺ビル6階(姫路総合庁舎の改修に伴い、平成30年2月~32年10月までの予定で移転)

係名

分掌事務

電話番号

FAX ・ E-mail

地域課

  • 水田農業経営(水稲、麦、大豆等)に関すること
  • 集落営農の組織化の推進
  • 地域振興計画に関すること
  • 生活研究グループに関すること

079-281-9325

079-281-9250

himejink@pref.hyogo.lg.jp

経営課

  • 高度で専門的な農業技術の普及指導
  • (指導項目:野菜、果樹、花き、畜産、農産物活用、農業経営)
  • 新規就農相談
  • 植物防疫に関すること
  • 6次産業化の推進に関すること
  • 青年農業者等の育成支援

079-281-9335

本年度の重要施策

 『中播磨農業パワーアップ作戦』

1.事業目的

 中播磨地域の農業は、集落営農組織や大規模個別経営体による土地利用型作物(水稲・麦類・豆類)の生産、また大消費地近郊という立地条件を活かし姫路市周辺では個別経営体による葉物野菜等の生産が行われている。

 今後、大消費地近郊という地域の特色を活かした農業生産の振興と経営体の経営体制を強化するため、「中播磨農業パワーアップ作戦」に取組む。

2.主な事業内容

(1)「新規就農希望者セミナー・相談会in中播磨」の開催
   農業の担い手となりうる新規就農者を確保するため、「新規就農規模者セミナー・相談会in中播磨」を開催する。

(2)小豆生産拡大支援
   収益作物である小豆の生産振興のため、現地での実証試験や安定生産のための機械導入経費を補助する。

(3)機能性を柱としたもち麦産地グレードアップ
   もち麦のPR活動や実需の拡大をはかるため、もち麦の機能性を重視した商品開発の促進と需要先の開拓に要する経費を補助する。

(4)新農業ビジネス「メイドイン中播磨」の創出
   中播磨地域全体の農畜水産物の魅力アップ、地産地消の拡大による地域内流通拡大と農業活性化を目的として、コラボ商品の開発や販売・流通 
  システムの検討、実施に必要な経費等を補助する。