ホーム > 組織情報一覧 > 但馬県民局 豊岡農業改良普及センター

ここから本文です。

更新日:2017年9月15日

但馬県民局 豊岡農業改良普及センター

業務内容

普及指導員により、農業者に対する巡回指導、相談、農場展示、講習会等を通じて直接農業者に接して農業生産方式の合理化その他農業経営など、科学的な技術や知識の普及指導を行っています。
<普及指導活動の基本方向>

  • ひょうごの安全・安心な食料基地「たじま」の自給力の強化
  • 「農」を支える多様な取り組みの推進
  • 元気な但馬の農山漁村の構築
  1. 農業生産現場における知識や技術の普及
    (1)現地技術の開発・実証・組立
    研究部門で開発された技術の現地適用を知識と技術により組立て普及
    (2)生産・加工技術の指導
    巡回指導、技術展示、技術等相談、講習会開催
    (3)経営技術の相談・診断
    認定農業者、農業法人、集落営農組織、新規就農者、農産加工グループなどに対する経営指導
  2. 農村集落等の合意形成の促進による生産組織の育成
    (1)集落営農研究会の開催
    (2)農業生産の維持・高度化のための集落営農等の組織化促進への指導
  3. 農村集落における特産品の開発支援
    (1)農村活性化のための商品開発指導
    (2)販売促進のための関係機関との調整
  4. 補助奨励事業、融資についての技術審査

問い合わせ先

〒668-0025

兵庫県豊岡市幸町7-11(豊岡総合庁舎4F)

係名

分掌事務

電話番号

FAX・E-mail

地域課

地域特産物の育成

集落営農の推進

環境創造型農業の推進

豊岡市・農協との連携等

0796-26-3705

FAX:0796-24-8163

E-mail:toyookank@pref.hyogo.lg.jp

経営課

高度な経営体育成及び青年農業者の育成

農畜産物・加工の技術並びに経営指導

交流型農業の育成

男女共同参画の推進

0796-26-3708

主要施策等(普及指導活動の抜粋)

  1. 環境創造型農業の推進
    コウノトリ育む農法の推進や各作目の環境創造型農業の拡大を図り、コウノトリとも共生できる環境創造型農業の拡大を目指しています。特にコウノトリ育む農法の技術課題の解決や農法を担う人材の育成、大豆・麦との輪作体系の普及によりコウノトリ育む農法の拡大を進めています。
  2. 力強い集落営農の育成
    集落農業の組織化を促進しながら、集落営農研究会等により既存営農組合の経営発展と、広域営農組合の育成を支援し、持続的な担い手として集落営農の拡大と充実を進めています。
  3. 農「観」商工連携等による農業の6次産業化の推進
    6次産業化の推進では企業や加工グループと連携を図り、コウノトリ大豆、小麦、そば等の地域の安全・安心な農産物を使った加工品の生産を推進し、特産品として流通拡大を進めています。

お役立ち情報

【コウノトリ育む農法関係】

【稲作情報】

        ● 水田のすくい取りによる昆虫類等調査結果(PDF:566KB) 

【豊岡YAC】農業青少年クラブ

【各種技術情報】        

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。