ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 中播磨県民センター

中播磨県民センター

mochimugimen

もちむぎ麺(福崎町)

ここから本文です。

センター長メッセージ

田中センター長

 若葉の輝きも美しく、風薫る好季節となってきました。

 GWにはご家族などで新緑のかおる里山等に出かけられた方も多いのではないでしょうか。

 

 ところで皆さんご存知でしたか?

 銀の馬車道(姫路飾磨港~生野銀山)&鉱石の道(~明延鉱山、中瀬鉱山)が、この4月に日本遺産に認定されました。全長73キロの“道”は、明治の始まりと近代化の象徴でもあります。

 

 1500年代には操業を本格化したとされる生野銀山。明治の始まりとともに官営鉱山(1876年)となり、操業の機械化が図られました。

 特に銀の馬車道は、フランス人技師らの指導の下で重層基盤構造の道路として整備され、銀を南の港へ運び、逆に掘削物資や生活物資を北へ運ぶ、日本初の高速産業道路として利用されてきました。

 

 時代の流れとともに、物資の流れがスピードアップするなか、1900年頃からは鉄道(播但線)にその機能を譲っていきますが、銀の馬車道はまさに近代化をひた走った往時の姿は歴史の教科書です。

 

 我々は、この「日本遺産」を、単なる観光資源を超え、地域の誇りとして、「もっともっと広く内外に発信すること」、はもちろん、「何より、地域の私たち自身がその姿を知り学ぶこと」が大きな課題であると考えています。

 

 地域の方々の関心と熱意、取り組みが高まるよう、そして多くの方々が訪れて体感したくなるような「見える化」に取り組んでいきますが、先ずは、わかりやすい紹介展示と、快適な周遊巡回を提供するための環境整備が必要であると考えています。

 

新着情報

トピックス

走る県民教室平成29年度第2期募集中です!

さわやか県民センター(県政出前講座)平成29年度出前講座一覧表を更新しました!

平成29年度地中播磨地域経営プログラム

伝統文化研修館事業

県税は、みなさんの暮らしを支える大切な財源です

【中播磨地域】行政書士による無料相談を実施しています

【中播磨地域】ラジオ番組「こんにちわ中播磨県民センターです!」を放送しています

【中播磨地域】さわやか県民センター(県政出前講座)について