ここから本文です。

中播磨県民センター

センター長メッセージ

法田センター長

齋藤知事が福崎町を訪問し、福崎町長・議長や事業者の方々と、福崎町が取り組むまちづくりについて、意見交換しました。知事は、対話と現場主義の方針のもと、兵庫県の様々な素晴らしい魅力を自らの目で確認・再発見し、発信していくため、直接現場を訪れて関係者からお話をうかがっています。

日本の民俗学の父とも呼ばれる柳田國男が生まれた福崎町は、河童の妖怪「ガジロウ」など妖怪でまちの活性化を図っています。

この度は、JR福崎駅前に整備された駅前交流センターや、7分ごとにガジロウが現れる「ガジロウチューブ」、疫病退散の神アマビエの「アマビエベンチ」などの駅前活性化の取組み等を視察した後、県指定文化財である三木家住宅を改修し「NIPPONIA播磨福崎 蔵書の館」で、意見交換を行いました。

センター長メッセージ続き

過去のセンター長メッセージ

新着情報

トピックス

日本遺産認定5周年記念事業 第5回日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」サイクルトレインの運行

「起業セミナー及び個別相談会」企画提案コンペに係るQ&A

「中播磨地域ビジョン2050(案)」に関する県民意見提出手続(パブリック・コメント手続)の実施について

県民交流バスの募集について

登録商標 銀の馬車道・ロゴマーク・銀馬車かぼちゃの使用申請について

中播磨県民センターにおける地域創生の取り組みについて

さわやか県民センター(県政出前講座)令和4年度出前講座一覧表を更新しました!

兵庫県伝統文化研修館事業

県税は、みなさんの暮らしを支える大切な財源です

【中播磨地域】行政書士による出張無料相談を実施しています

【中播磨地域】ラジオ番組FM GENKI「こんにちは中播磨県民センターです!」を放送しています