ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 健康づくり > 慢性腎臓病(CKD)について

ここから本文です。

更新日:2017年2月8日

慢性腎臓病(CKD)について

 

慢性腎臓病(CKD)について

慢性腎臓病は、全国で約1,330万人、20歳以上の8人に1人が患者と推計されており、糖尿病性腎症や糸球体腎炎など幅広い腎疾患を含む病気の総称で、「新しい国民病」と言われています。

ほとんど自覚症状がないまま進行するのが特徴で、進行すると夜間尿、むくみ、貧血、倦怠感、息切れなどの症状が現われ、知らず知らずのうちに人工透析や臓器移植が必要な末期腎不全に至るケースが多いとされています。

発病には生活習慣病が深く関わり、予防や進行抑制には早期発見と早期治療が欠かせません。

 

兵庫県腎臓病病診連携協議会(外部サイトへリンク)

 

兵庫慢性腎臓病シンポジウムの開催について

慢性腎臓病(CKD)に関する正しい知識の普及啓発を図るため、一般県民、医療関係者、糖尿病患者・家族、透析患者・家族の皆様を対象とした標記のシンポジウムを開催します。

入場は無料です。多数の皆様のご参加をお待ちしております。

兵庫慢性腎臓病シンポジウム2016知って長生き!腎臓病~知らなきゃ損する!?~

概要

日時:平成29年3月5日(日曜日)午後1時~午後4時(受付開始12時30分)

場所:洲本市文化体育館 会議室A1(洲本市塩屋1-1-17)

定員:120名

主催:兵庫県・NPO法人兵庫県腎友会
 

プログラム

講演

1.基調講演「CKDって何ですか?」中林病院 副院長 渡辺義博先生

2.食事管理「慢性腎臓病での食事療法」中林病院 管理栄養士 山崎静弥先生

3.体験談「糖尿病からの透析導入」NPO法人兵庫県腎友会 市川一馬氏

4.淡路地域の施策 南あわじ市福祉部長 馬部総一郎氏

パネルディスカッション

座長:神戸大学大学院医学研究科腎臓内科 教授 西愼一先生

パネリスト:上記講演の講師
 

申込方法・申込先

1.申込み方法

参加ご希望の方は、郵便番号、住所(市町名まで)、氏名、年齢、電話番号を明記のうえ、FAXまたはメールでお申し込み下さい。なお、複数でご参加の場合は、合計人数をご記入下さい。(下部のちらしにある参加申込票をご利用ください。)

2.申込先

NPO法人兵庫県腎友会

FAX:078-371-8840

メール:npohyojin@nifty.com
 

問合先

NPO法人兵庫県腎友会

電話:078-371-4382(月曜日~金曜日・10時~17時)

 

ちらし・参加申込票(PDF:271KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局疾病対策課 がん・難病対策班

電話:078-362-3202

内線:3231

FAX:078-362-9474

Eメール:shippeitaisaku@pref.hyogo.lg.jp