ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 介護保険・サービス > 定期巡回・随時対応サービスについて

ここから本文です。

更新日:2020年9月18日

定期巡回・随時対応サービスについて

平成24年度からスタートした「定期巡回・随時対応型訪問介護看護(定期巡回・随時対応サービス)」は、介護が必要になっても、住み慣れた家庭でできる限り生活ができるよう創設された24時間対応の介護保険サービスです。
介護を必要とする高齢者のみの世帯やひとり暮らしの高齢者の方の安心感が増すとともに、介護する家族の負担を軽減するサービスとして期待されています。


ページ内リンク

  1. リーフレット
  2. 相談窓口
  3. 定期巡回サービス訪問看護充実支援事業(補助金)
  4. 定期巡回サービス事業者参入促進事業(補助金)
  5. 訪問看護師充実支援事業(補助金)
  6. 定期巡回・随時対応サービス普及セミナー
  7. 定期巡回・随時対応サービス技術向上研修
  8. 定期巡回・随時対応サービス事業所一覧
  9. 関連資料

リーフレットについて

定期巡回・随時対応サービスの利用促進のため、要介護者ご本人やそのご家族の方へ、定期巡回・随時対応サービスの特徴や利用方法等を説明するリーフレットを、利用者の状態ごとに3種類発行しました。

住み慣れた家で暮らし続けたいあなたへ、それをかなえてあげたいと思うご家族へ

定期巡回・随時対応サービスを利用することで、住み慣れたご自宅で、できる限り長く自分らしく過ごしていくためのサポートをします。

住み慣れた家で暮らし続けたいあなたへ、それをかなえてあげたいと思うご家族へ(PDF:2,220KB)

認知症で悩んでいるあなた・ご家族へ『一緒に暮らし続けたい』をお手伝いします

定期巡回・随時対応サービスを利用することで、困ってからではなく、在宅生活ができているうちから利用することで、できるだけ今と変わらず生活できるよう支えていきます。

認知症で悩んでいるあなた・ご家族へ『一緒に暮らし続けたい』をお手伝いします(PDF:2,252KB)

退院しても安心して住み慣れた自宅で暮らし続けるために

定期巡回・随時対応サービスを利用することで、退院直後は不安がたくさんありますが、複数回の訪問で一緒に生活を整えていくことで、安心して在宅生活に戻れます。

退院しても安心して住み慣れた自宅で暮らし続けるために(PDF:2,226KB)

定期巡回・随時対応サービスにおける相談窓口の開設しています。

設置目的

中重度者を始めとした要介護高齢者が住み慣れた地域で安心して在宅生活を送ることができるよう、日中・夜間を通じて、訪問介護と訪問看護を一体的に又はそれぞれが密接に連携しながら、定期又は随時の対応を行う定期巡回・随時対応型訪問介護看護(定期巡回・随時対応サービス)が平成24年に創設されました。
当サービスの普及については、全国的にも十分なサービス量とは言えない状況で、その推進が課題となっています。
このため、当サービスの一層の普及を図るため、参入希望事業者等の相談窓口を兵庫県定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業者連絡協議会に設置して、相談を受け付けしています。

相談窓口※平成31年4月から窓口が変更になっています。

  1. 設置場所:兵庫県定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業者連絡協議会(コウダイケアサービス(株)内)
  2. 相談日時:毎週火・木曜日9時00分~12時00分
  3. 連絡先:078-271-8246
  4. 主な相談内容
  • 制度の概要、サービスの指定状況、サービスの実態(利用者数、要介護度、訪問状況、コール回数と対応等)
  • 訪問看護事業所との連携方策、深夜・夜間のサービス提供方法等

定期巡回サービス訪問看護充実支援事業

1.事業計画書の提出について

  1. 事業概要等定期巡回サービス訪問看護充実支援事業について(PDF:218KB)
  2. 提出資料事業計画書(エクセル:135KB)
  3. 提出期限:令和2年9月10日まで
  4. 提出先
  • 正本:定期巡回・随時対応サービス事業所を指定した市町介護保険担当課へ1部提出
  • 副本:利用者にかかる保険者である兵庫県内の市町介護保険担当課(保険者が複数となる場合は、それぞれの保険者)へ1部提出

2.交付申請書の提出について

(1)提出資料

  1. 提出書類一覧(エクセル:29KB)
  2. 補助金交付申請書及び別記収支予算書(健康福祉部補助金交付要綱に定める様式)(ワード:40KB)
  3. 事業計画書(様式1)(エクセル:120KB)
  4. 誓約書(ワード:19KB)
  5. 債権者登録書(ワード:51KB)

(2)記載例

  1. 提出書類一覧(エクセル:29KB)
  2. 補助金交付申請書及び別記収支予算書(健康福祉部補助金交付要綱に定める様式)(ワード:46KB)
  3. 事業計画書(様式1)(エクセル:48KB)
  4. 誓約書(ワード:25KB)
  5. 債権者登録書(ワード:57KB)

(3)提出期限

  • 令和3年1月中旬頃(改めて通知します)

(4)提出先

  • 正本:定期巡回・随時対応サービス事業所を指定した市町介護保険担当課へ2部提出
  • 副本:利用者にかかる保険者である兵庫県内の市町介護保険担当課(保険者が複数となる場合は、それぞれの保険者)へ1部提出

3.実績報告書の提出について

(1)提出資料

  1. 提出書類一覧(エクセル:28KB)
  2. 補助金実績報告書及び別記収支決算書(健康福祉部補助金交付要綱に定める様式)(ワード:39KB)
  3. 事業実績報告書(様式2)(エクセル:111KB)
  4. 補助金請求書・委任状(エクセル:33KB)

(2)記載例

  1. 提出書類一覧(エクセル:29KB)
  2. 補助金実績報告書及び別記収支決算書(健康福祉部補助金交付要綱に定める様式)(ワード:47KB)
  3. 事業実績報告書 (様式2)(エクセル:112KB)
  4. 補助金請求書・委任状(エクセル:34KB)

(3)提出期限

  • 令和3年4月初旬頃(改めて通知します)

(4)提出先

  • 正本:定期巡回・随時対応サービス事業所を指定した市町介護保険担当課へ2部提出
  • 副本:利用者にかかる保険者である兵庫県内の市町介護保険担当課(保険者が複数となる場合は、それぞれの保険者)へ1部提出

定期巡回サービス事業者参入促進事業

人件費等助成

1.令和2年度以降に指定を受けた定期巡回・随時対応サービス事業所

  • 事業実施:主体市町(負担割合県1/2、市町1/2)
  • 補助対象:令和2年度以降に新たに定期巡回・随時対応サービスに参入する事業所
  • 補助基準額:1事業所あたり次表の額。ただし、月末時点の利用者数が21人未満の月に支出した人件費から定期巡回・随時対応サービスの介護報酬収入及び利用者収入を差し引いた額の合計額。

区分

補助額(上限)

単独事業所の場合

11,448千円

特養・老健施設の場合

10,494千円

サービス付き高齢者向け住宅・有料併設の場合

5,724千円

 

 

 

 

 

 

  • 補助期間:サービス指定月から1年間
  • 応募・問い合わせ先:市町の実施状況については、事業所開設予定の各市町に直接お問い合わせください。

2.令和2年度までに指定を受けた定期巡回・随時対応サービス事業所

  • 事業実施:主体市町(負担割合県1/2、市町1/2)
  • 補助対象:令和2年度までに期巡回・随時対応サービスに参入した事業所
  • 補助基準額:1事業所あたり、1月ごとの利用人数に応じた次表の額。ただし、補助額は、1月あたりの事業所の収支差額に補助金(総額)を加えた額が、250千円を超えない範囲まで。

月利用人数

~4人 5人 6人 7人 8人 9人 10人~ 21人~

基準額(千円)

250

250

250

250

250

250

250

補助対象外

加算額(千円)

0

100

80

60

40

20

0

補助対象外

総額(千円)

250 350 330 310 290 270 250 補助対象外
  • 補助期間:開設年度から3年間
  • 応募・問い合わせ先:市町の実施状況については、事業所開設予定の各市町に直接お問い合わせください。

整備費、賃借料助成

  • 事業実施;主体市町(負担割合県1/3、市町1/3、事業者1/3)
  • 補助対象;新たに定期巡回・随時対応サービスに参入する事業所
  • 補助額<整備費上乗せ>
    補助対象経費:7,560千円を超える整備費
    補助対象上限額:3,780千円
  • 補助額<賃借料>
    補助対象経費:賃貸借契約に基づく事務所賃料
    補助期間:サービス開始から3年間
    補助対象上限額:3年間通算で3,780千円に達するまで
  • 応募・問い合わせ先:市町の実施状況については、事業所開設予定の各市町に直接お問い合わせください。

訪問看護師充実支援事業等

定期巡回・随時対応サービス普及セミナーについて(令和元年度)※終了しました

定期巡回・随時対応サービスの普及促進を図るために、事業参入事業所による実践的な取り組みと関係機関への制度の正しい理解の促進を図るために普及セミナーを開催します。

  1. 開催日時:令和元年11月14日(木曜日)14時00分~17時00分
  2. 場所:兵庫県労働センター大ホール(神戸市中央区下山手通5-6-24)
  3. 参加対象:市町職員、介護支援専門員、看護職員、介護職員等在宅サービス担当者、医療ソーシャルワーカー等
  4. 内容等
    <講演>
    テーマ:「地域包括ケアシステムにおける在宅緩和ケアと看取り」
    講師:清水政克氏(清水メディカルクリニック副院長)
    <事例発表>
    • (1)「看護「主導」で地域を支える定期巡回サービス」
      報告者:それいゆ定期巡回・随時対応型訪問介護看護朝霧管理者山田裕美氏
    • (2)「定期巡回・随時対応型訪問介護との連携を行って」
      報告者:訪問看護ステーションこすもす管理福田文子氏
  5. 参加費:無料
  6. 申込み方法:別添参加申込書による事前申込み参加申込書(ワード:28KB)

定期巡回・随時対応サービス技術向上研修について(令和元年度)※終了しました

期巡回・随時対応サービスの更なる理解を促進するため、訪問介護・看護職員、介護支援専門員等を対象に、グループワークなどを通じて、ピンポイントケアの知識やオペレーター業務等の知識を得る機会として、研修会を開催します。

  1. 開催日時:令和2年2月6日(木曜日)14時~16時45分(受付13時30分~)
  2. 場所:神戸市勤労会館405.406(神戸市中央区雲井通5-1-2)
  3. 参加対象者:介護支援専門員、訪問介護職員、看護職員、オペレーターなど
  4. 内容「人生の最終段階に向けた意志決定支援を学ぶ~ACP、人生会議、もしバナ体験をとおして~」
    講師ヘルスケアビジネス経営人材育成研究所所長、多摩大学医療・介護ソリューション研究所副所長石井富美氏
  5. 申込み方法:別添参加申込書による事前申込み参加申込書(ワード:29KB)

 

定期巡回・随時対応サービス事業所一覧

令和2年4月1日現在、指定されている定期巡回・随時対応サービス事業所は、次のとおりです。

兵庫県定期巡回・随時対応サービス事業所一覧(令和2年4月1日現在)(PDF:213KB)

関係資料

定期巡回・随時対応サービスの概要、全国の状況等は、こちら→厚生労働省のホームページ(外部サイトへリンク)

『定期巡回・随時対応サービスの質の向上に関する調査研究事業』報告書(平成25年度老人保健事業推進費等補助金)等は、こちら→一般社団法人24時間在宅ケア研究会のホームページ(外部サイトへリンク)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部少子高齢局高齢政策課 介護基盤整備班

電話:078-341-7711

内線:2974

FAX:078-362-9470

Eメール:koreiseisaku@pref.hyogo.lg.jp