ホーム > 地域・交流・観光 > 地域創生 > 地域創生の推進 > ひょうご公民連携プラットフォーム

更新日:2022年7月29日

ここから本文です。

ひょうご公民連携プラットフォーム

少子高齢化や人口減少、コロナ対応など、複雑化する社会課題を解決するためには、行政だけではなく企業・大学・団体等との幅広い連携やネットワークによる取組みがより重要になっています。このため、2021年10月に企業等と庁内各部局をつなぐ「ひょうご公民連携プラットフォーム」を設置し、公民連携による地域活性化や情報発信などの取組みを推進しています。

 推進体制

  • 2022年4月、地域振興課内に公民連携班が新設され、「ひょうご公民連携プラットフォーム」を担当。
  • 企業等のニーズや事業提案を把握するとともに、ニーズや提案の内容に応じて、庁内部局と企業等のマッチングを進めます。

 

マッチングフロー

1 包括連携企業一覧

  • (2009~2021年度)

1.株式会社ローソン(2009年5月27日)       2.株式会社セブンーイレブン・ジャパン(2010年4月15日)

3.株式会社ファミリーマート(2010年7月29日)   4.イオン株式会社(2012年2月15日)

5.西日本高速道路株式会社(2012年3月16日)    6.キリンホールディングス株式会社(2014年1月14日)

7.大塚製薬株式会社(2016年10月31日)       8.東京海上日動火災保険株式会社(2017年6月13日)

9.第一生命保険株式会社(2017年9月7日)      10.ヤマト運輸株式会社(2017年11月30日)

11.日本生命保険相互会社(2021年4月21日)     12.日本郵便株式会社(2021年10月15日)

13.住友大阪セメント株式会社(2021年11月16日) 14.アース製薬株式会社(2021年12月23日)

15.コニカミノルタ株式会社(2022年3月29日)

 

2 企業との連携事業

  • 兵庫県立大学附属中学校のプロジェクト学習(アース製薬株式会社 2022年4月28日)

人と自然の博物館(三田市)にて、兵庫県立大学附属中学校のプロジェクト学習を実施しました。当日は、生徒達が虫取りペナントレースに参加したり、ガイダンス講座で害虫について学習しました。

 

 

  • SDGs普及に向けたプロギングの開催~プロギングHYOGO IN KOBE KO MILE RUNNING~(2022年5月10日)

兵庫県、神戸市、神戸経済同友会の三者は、ゴミを拾いながらジョギングする”プロギング”を共同で行いました。株式会社アシックスや神戸港”U”パークマネジメント共同体もイベントに協力し、神戸港ウォーターフロントに集まった関係者約30人が、タバコの吸い殻やペットボトルを拾い集めるなどして、SDGsの県内への普及を呼びかけました。

 

 

  • 虫ケアセミナーを開催~夏本番に向けて虫ケアの普及啓発~(アース製薬株式会社 2022年5月29日)

兵庫県民会館(神戸市中央区)で、アース製薬主催の虫ケアセミナーが開催され、アース製薬と包括連携協定を締結する兵庫、徳島、熊本の各県の会場と東京の有楽町朝日ホールのメイン会場をオンラインでつないで実施しました。セミナーでは、テレビでもお馴染みの国立環境研究所の五箇公一先生や大阪大学大学院の忽那賢志先生が登壇し、最も人の命を奪う生き物が蚊であることや、マダニによる感染症の話などを交えながら、害虫の発生が多くなる夏本番を控え、虫ケアの大切さを伝えました。

 

 

  • 「マダニ対策について」の研修(アース製薬株式会社 2022年6月16日)

兵庫県民会館(神戸市中央区)で、森林ボランティア団体連絡協議会(事務局:治山課)の交流会メンバーを対象に、アース製薬の専門員がマダニ対策の研修を実施しました。夏本番を控えて、防虫対策動画を交えながら、マダニの危険性を呼びかけました。

 

 

兵庫県民会館(神戸市中央区)で、公民連携の健康づくりイベント「ひょうごあるくと大運動会」の表彰式が開催され、上位者に賞状と記念品が贈られました。大運動会は、兵庫県と日本生命保険相互会社の共同主催で、大塚製薬株式会社とアース製薬株式会社の協賛を得て開催したウォーキングイベント。5月10日から6月10日の間、県内企業・自治体157団体(550チーム、3465人)が、アプリを活用して歩数を競い合い、運動不足の解消や社内コミュニケーションの活性化を図りました。

arukuto arukuto2

 

  • ヴィッセル神戸ホームゲームで「全国豊かな海づくり大会」PRを実施(2022年7月6日)

プロサッカークラブ・ヴィッセル神戸の協力を得て、ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)で、「第41回全国豊かな海づくり大会兵庫大会」のPRを実施しました。大会専用コスチュームを身につけた「はばタン」の登場や、
県の特産品や大会公式グッズが当たる抽選会の実施など、来場者(約7,600人)に大会のPRを行いました。

yutakanaumidukuri yutakanaumidukuri2

 

  • 兵庫県物産展の開催(日本生命保険相互会社 2022年7月11日)

日本生命保険相互会社丸の内ビル(東京都千代田区丸の内)にて「兵庫物産展」が開催されました。会場には、いかなごのくぎ煮や丹波の黒豆を使った商品など、ひょうご五国の美味しい物産品が30品目並び、兵庫県の魅力を首都圏にアピールしました。

hyogobusan hyogobusan2

 

3 その他の取組

ひょうごTECHイノベーションプロジェクト

詳しい内容はこちらから(外部サイトへリンク)

第1回阪神間各市町公民連携意見交換会(2022年 6月30日)

県内各市町との連携を強化することを目的とした活動として、デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)にて、第1回阪神間各市町公民連携意見交換会を開催しました。当日は兵庫県と神戸市が主催で、「子育て・教育」をテーマに意見交換を実施しました。子育て・教育分野への取組の重要性・課題について再認識する場となりました。

shityourenkei

企業版ふるさと納税

兵庫県では、企業版ふるさと納税の制度を活用し、寄附活用事業に対して寄附いただける企業を募集しております。各企業におかれては、本制度の活用につき、ご検討くださいますようお願いします。

詳細については下記からご確認ください。

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)にご協力ください ←ここをクリック

  • 知事感謝状贈呈式(野村アセットマネジメント株式会社 2022年4月22日)

野村アセットマネジメント株式会社(本社所在地:東京都)から、企業版ふるさと納税制度により、「兵庫県の関係人口の活用による元気創出プロジェクト(ひょうごe-県民制度の充実)」に対して、100万円の寄附をいただき、知事感謝状贈呈式を執り行いました。

 

【寄附の概要】

野村アセットマネジメント株式会社は、投資信託「グローバルESGバランスファンド」(販売窓口:株式会社但馬銀行)の販売残高に応じて、ファンドから得られた収益の一部を、企業版ふるさと納税制度により県に寄附しました。

お問い合わせ

部署名:企画部 地域振興課 公民連携班

電話:078-362-4032

内線:4743

FAX:078-362-3950

Eメール:renkei@pref.hyogo.lg.jp