ホーム > 食・農林水産 > 農業 > 農産物 > スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)対策について

ここから本文です。

更新日:2021年2月18日

スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)対策について

近年の暖冬等異常気象の影響で、スクミリンゴガイの越冬量が増加し、水稲被害の増加や被害範囲の拡大が見られています。

スクミリンゴガイによる被害を防ぐため水稲生産者一人ひとりが防除の意識を持ち、地域全体で防除に取り組みましょう。

動画

スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)の生態(県立農林水産技術総合センター)(外部サイトへリンク)

スクミリンゴガイとは

1.来歴

南米原産の淡水巻貝で、昭和56年に台湾から食用として日本へ導入され、その後、養殖場跡から逃げ出した個体や河川に捨てられた個体が農業用排水路や水田に侵入し、水稲やレンコン、イグサなどを加害するようになった。

2.特徴

成貝:殻高約3cm、殻色は黄褐色~黒褐色で10~15本の縞がある。1対の長い触覚を持つ。

卵:直径約2mmの球形でピンク色をしており、数十~数百の卵からなる卵塊として産み付けられる。孵化直前は黒赤色を呈し、孵化後は白色の卵殻が残る。

幼貝:孵化直後は殻高2mm程度で、形態は成貝に似る。

スクミリンゴガイの成貝水路に産み付けられた多数の卵塊

防除対策について

スクミリンゴガイの防除対策には耕種的防除や物理的防除、化学的防除などがある。これらの防除法を組み合わせて実施することでスクミリンゴガイによる被害を低減することができます。ここでは主な対策について紹介します。より詳細な対策については「スクミリンゴガイの生態と防除対策」(PDF:639KB)(兵庫県病害虫・雑草防除指針参考資料)を参照ください。

1.冬期の対策

田んぼの耕うん

厳冬期に耕うんを実施し、殻を傷つけて殺貝するとともに、土中にいる貝を掘り起こし、寒風に曝すことで凍死させる。

〈ポイント〉

(1)土壌がよく乾燥した条件で行う。

(2)耕うんはトラクターの走行速度を低速に、ロータリーのPTO速度は高速にして、砕土するイメージで行う(耕深は10cm程度)。

(3)機械に付着して貝が移動することを防ぐため、使用後にはトラクターに付着した泥を洗浄する。

2.春夏期の対策

浅水管理

スクミリンゴガイは水中でないと摂食できないため、水田を浅水に保つと被害防止効果が高い。

〈ポイント〉

(1)田植え後から3週間、浅水管理をする。

(2)凹凸のあるほ場では、水深の深い場所に貝が集まり、水稲が集中的に食害されるため、部分的に薬剤防除も行なうと効果的である。

3.秋期の対策

水稲刈取後の石灰窒素施用

越冬する貝を殺貝する。

〈ポイント〉

(1)施用後3日~4日湛水状態を保つ(漏水防止が重要)

(2)水温17℃以上(10月半ば頃)でスクミリンゴガイの活性を確認してから行う。

(3)田面水は自然落水させる。

なお、薬剤防除に当たっては必ずラベル等登録内容を確認し、使用時期や使用方法、使用量などを守って使用する。

防除講習会情報

スクミリンゴガイ対策に関する県主催の講習会を実施する場合はこちらに情報を掲載します。

冬期防除講習会

1月末に実施を計画しておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催を中止しました。

なお、講演予定でした農林水産省による防除対策の講演資料は以下のとおりです。

【スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)の被害防止について】(PDF:1,836KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部農林水産局農業改良課 環境創造型農業推進班

電話:078-362-9206

内線:3998

FAX:078-341-7733

Eメール:nogyokairyo@pref.hyogo.lg.jp