ホーム > 食・農林水産 > 農業 > 畜産物 > 牛乳の消費拡大について

更新日:2023年1月31日

ここから本文です。

牛乳の消費拡大について

冬は冷たい牛乳が敬遠されがちで消費が停滞気味になります。さらに令和4年は11月から牛乳が値上げされることとなったため、生産現場では、酪農家さんが丹精込めて乳牛を育てて搾った生乳(牛乳として販売する前の殺菌等処理をする前の状態)が廃棄される心配が生じています。

実は、生乳の価格は、他の畜産物や農産物のように相場で決まるのではなく、酪農家の代表となる団体と乳業メーカーとの交渉で決められています。

ところが、最近、乳牛の飼料代がこれまでにないぐらいに高騰しており、酪農家さんが生乳を搾っても利益が出にくくなっているため、乳業メーカーが酪農家さんから買取る価格を11月以降値上げしました。

牛乳はカルシウムやタンパク質を多く含み、栄養バランスにも優れた食品です。

牛乳の消費が可能な方は、是非、今までより多く消費いただけると幸いです。

 

参考

  • 農林水産省「NEW(乳)プラスワンプロジェクト」

https://www.maff.go.jp/j/chikusan/gyunyu/lin/newplusone_project.html(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

部署名:農林水産部 畜産課 酪農養鶏班

電話:078-362-3453

内線:4086

FAX:078-341-8123

Eメール:chikusanka@pref.hyogo.lg.jp