ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 西播磨県民局

西播磨県民局

0201nisiharimakaki

播磨灘のカキ(相生市・赤穂市・たつの市)

ここから本文です。

局長メッセージ

R1遠藤局長写真

2月2日に京都府、大阪府、兵庫県など10都府県を対象とする緊急事態宣言の期間が1ヶ月延長されました。飲食店をはじめとする事業者や県民のみなさまには、様々な制約が求められ、不自由な日々を送られていることと思います。県内では、みなさまの努力のおかげで新規感染者数は減少傾向にありますが、今なお病床使用率が7割を超え、リスクが高いとされる高齢者の患者割合が3割以上の状態が続いています。県民の命を守り、医療崩壊を回避するためにも、飲食店やその関係者におかれましては、厳しい経営環境の中、大変なご苦労をおかけしますが、もうしばらくの時短要請にご協力いただきますようお願い申し上げます。また、県民、企業のみなさまにおかれましても、不要不急の外出の自粛、テレワーク等による出勤者の7割削減、イベント開催制限(上限5,000人、屋内の場合収容率50%以下など)にご理解とご協力をお願いいたします。政府は、新規感染者の数が減り、医療現場の状況が改善されれば、宣言期間を短縮して解除すると言っています。家庭や職場にウイルスを持ち込まないためにも、3密を避け、手洗い・消毒をまめに行い、食事中などマスクなしの場面での会話は控えましょう。どうかみなさまの力を結集して、感染拡大を抑えることで医療従事者の負担を減らし、普段の生活を一日も早く取り戻しましょう。みなさまの本気の取組をよろしくお願いいたします。

局長メッセージの続き これまでの局長メッセージ

西播磨県民局長 遠藤 英二(えんどう えいじ)

新着情報

トピックス