ホーム > 組織情報一覧 > 企画県民部 > 企画県民部 地域創生局 地域振興課

ここから本文です。

更新日:2017年7月13日

企画県民部 地域創生局 地域振興課

業務内容

成熟社会にふさわしい参画と協働を基本に、県下各地域が持つ豊かな自然や歴史、多彩な文化や風土を活かしながら、21世紀兵庫長期ビジョンのめざす“美しい兵庫”の実現に向けて、個性を生かした地域づくりを進めています。

また、特区制度による規制緩和や税制・金融支援を活用するとともに、国への規制緩和の働きかけや民間事業者・市町への制度周知・PRを強化し、県内における特区事業の創出を促進することにより、産業の国際競争力の強化及び国際的な経済活動拠点の形成を進めています。

問い合わせ先

〒650-8567

兵庫県神戸市中央区下山手通5-10-1(2号館3階)

班名 分掌事務 電話番号 FAX・E-mail
地域活性化班

1.地域振興課の総括、総合調整に関すること
2.関西圏国家戦略特区に関すること

3.あわじ環境未来島特区に関すること
4.あわじ環境未来島構想に関すること
5.構造改革特区に関すること

など

078-362-4378

FAX:
078-362-3950

E-mail:

seisaku_chiiki@pref.hyogo.lg.jp

 

主要施策等

個性を生かす地域づくり

地域特性や地域資源を生かした地域づくりを推進します。

(1)総合的な地域経営の支援・推進

全県的・広域的な観点から地域づくりの課題解決に向けた総合調整を行います。

また、地域自らの創意工夫により地域経済の活性化や個性ある地域づくりに取り組む「地域再生制度」に係る提案及び計画策定を支援します。

特区制度の推進

(1)関西圏国家戦略特区の推進

兵庫県は、全域が「関西圏国家戦略特区」に指定されています。特区制度による規制緩和や税制・金融支援を活用するとともに、国への規制緩和の働きかけや民間事業者・市町への制度周知・PRを強化し、県内における特区事業の創出を促進することにより、産業の国際競争力の強化及び国際的な経済活動拠点の形成を図っています。

(2)あわじ環境未来島構想の推進

少子高齢化、都市と農村の地域格差の拡大、雇用の縮小、後継者不足など、日本の過疎地域が抱える課題解決の先導モデルとなることを目指し、県と島内3市(洲本市、淡路市、南あわじ市)が平成22年9月に「あわじ環境未来島構想」を策定しました。平成23年12月には、淡路島全域が「あわじ環境未来島特区」として、国の地域活性化総合特区に指定され、平成24年2月には、平成28年度までの特区計画が認定されました。(平成28年度末に、平成33年度までの新特区計画が認定)

特区制度の特例措置等を活用しながら、住民、地域団体、NPO、企業等と協働して、構想の実現に向けた各種プロジェクトの具体化を図っています。

(3)構造改革特区の推進

平成14年12月の制度創設以来、県内では、先端医療産業特区やどぶろく特区などが認定されています。国家戦略特区と併せた国への規制緩和の提案や市町の取組への支援などにより、地域資源を生かした地域の活性化を図っています。

事業等の紹介、関連するページ