ホーム > 組織情報一覧 > 農政環境部 > 農政環境部 環境管理局 水大気課

ここから本文です。

更新日:2017年4月25日

農政環境部 環境管理局 水大気課

業務内容

大気環境の保全のため、窒素酸化物や有害物質などによる大気汚染状況の常時監視や発生源に対する規制・指導とともに、自動車などの交通公害対策、騒音・振動・悪臭対策、オゾン層の保護や酸性雨に関する施策の企画や推進などを行っています。

また、河川・海域・地下水などの水質や土壌環境の保全のため、河川等の水質調査、工場・事業場に対する規制・指導、生活排水対策等を実施するとともに、瀬戸内海の環境保全に関する施策の推進を行っています。

問い合わせ先

〒650-8567

兵庫県神戸市中央区下山手通5-10-1(1号館2階)

班名

分掌事務

電話番号

FAX・E-mail

大気班

  • 大気汚染防止法の施行に関すること
  • フロン排出抑制法の施行に関すること
  • ダイオキシン類対策特別措置法の施行(大気関係)に関すること
  • アスベスト飛散防止対策に関すること
  • 環境放射能水準調査に関すること
  • 交通公害対策に関すること
  • 自動車NOx・PM法に関すること
  • 低公害車の普及に関すること
  • 自動車騒音振動対策(環境調査等)に関すること
  • 航空機騒音対策(環境調査)に関すること
  • 新幹線騒音振動対策(環境調査)に関すること

078-362-3285

 

 

 

 

 


078-362-3287

FAX:

078-362-3966

E-mail:

mizutaiki@pref.hyogo.lg.jp


水質班

  • 瀬戸内海環境保全知事・市長会議に関すること
  • 瀬戸内海の保全・再生(瀬戸内海環境保全県計画)に関すること
  • ひょうご環境保全連絡会に関すること
  • (公社)瀬戸内海環境保全協会に関すること
  • (公財)国際エメックスセンターに関すること
  • 生活排水対策に関すること
  • 公共用水域及び地下水の常時監視に関すること
  • 公共用水域の水質事故に関すること
  • 瀬戸内海環境保全特別措置法に基づく工場等の規制・指導に関すること
  • 水質汚濁防止法に基づく工場等の規制・指導に関すること
  • ダイオキシン類対策特別措置法に基づく工場等の水質関係の規制・指導に関すること
  • 土壌汚染対策法の施行に関すること
  • 水質総量規制に関すること
  • 環境の保全と創造に関する条例に基づく工場等の水質関係の規制・指導に関すること

078-362-3291








 


078-362-9094

主要施策等

大気環境

窒素酸化物や有害物質による大気汚染状況の監視や、発生源に対する規制、交通公害対策などに関する情報を掲載しています。

 

水・土壌環境

生物化学的酸素要求量(BOD)などの生活環境項目やカドミウムなどの健康項目など河川や海域の水質の常時監視、土壌汚染などに関する情報を掲載しています。

 

ディーゼル自動車運行規制のあり方検討事業(外部サイトへリンク)

「環境の保全と創造に関する条例」により実施しているディーゼル自動車等の運行規制について、環境の状況を踏まえて規制の方向性を検討しています。

事業等の紹介、関連するページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。