兵庫県/ひょうごユニバーサル社会づくり賞(平成27年度受賞者)

ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > ユニバーサル社会 > ひょうごユニバーサル社会づくり賞(平成27年度受賞者)

ここから本文です。

更新日:2016年9月8日

ひょうごユニバーサル社会づくり賞(平成27年度受賞者)

部門

受賞者

(所在地)

活動名・活動内容

知事賞
個人

西本 洋二

(西宮市)

西宮市障害者児検診

西宮市医師会理事に就任後、県や市の障害・高齢者福祉関係の委員等を歴任し、障害福祉医療や障害者児検診の充実に尽力している。

団体

NPO法人 実用日本語教育推進協会

(神戸市灘区)

日本語の教え方、教えます

誰でも効果的に教えられる「外国人への日本語の教え方」を伝え、その実践の場として「にほんご交流サロン」を年間を通じて週3回開催している。

障がい者団体

しあわせ会

(神戸市西区)

障害者の心のサポートや社会参加を促すきっかけづくり

県立リハビリテーション中央病院を退院した人や地域の障害者が、総合リハビリテーションセンターの環境美化や調理実習等をセンターの利用者と共に実施している。

企業

生活協同組合

コープこうべ

(神戸市東灘区)

高齢者の見守り活動・認知症サポーター養成

宅配時の見守り活動に加え、認知症サポーターの養成や、県内22市4町との「地域見守り協定」の締結など、社会的課題である高齢者を地域で支える活動を実施している。

ユニバーサル社会づくりひょうご推進会議会長賞
個人

池田 瑛

(明石市)

音楽活動を通じた視覚障害者の晴眼者との交流促進

10歳で全盲となったが、盲学校の教師時代から約40年にわたり、音楽活動を通じた障害者・晴眼者との交流を実施している。

団体

尾崎のまちを考える会

(赤穂市)

尾崎のまちづくり

古くからの塩づくりの町・赤穂市尾崎地区で、「まちづくりアイディア会議」「尾崎銀座ウォークラリー」「尾崎名所説明板設置」など、多世代交流によるまちづくり活動を実施している。

長田ふれあいの

まちづくり協議会

(神戸市長田区)

高齢者から子どもまで安心していきいきと暮らせるまちづくり

高齢者の日常生活の困りごとを地域住民で支援する「ちょっとボランティア運動」や昔遊びを通じた世代間交流などを実施している。

NPO法人

ウエルネスハート

(明石市)

中途視覚障害者が自信と笑顔を取り戻し、いきいきと社会参加ができるようになるための応援サポート事業

中途視覚障害者の悩みを、同じ立場の者が受ける「心の相談活動」や、相談員の養成講座、音声パソコンサポーター養成講座、各種セミナーなどを実施している。

音楽グループ

「COSMOS(コスモス)」

(神戸市垂水区)

音楽活動を通して社会参加と障害者への理解

養護学校を卒業・在籍中の知的障害のある仲間が集まり、ミュージックベルを中心とした音楽活動を通じ、国内外の方々との交流を実施している。

県立太子高等学校

Jコーラス部

(太子町)

音楽活動を通じて地域に元気を届ける歌のボランティア

「歌を通して人と人とのつながり」をモットーに、地域イベント、保育園、病院、高齢者・障害者施設等で年間約50回以上活動を行っている。歌を通して地域や多世代の方々と交流することは高校時代の貴重な体験となっている。

“これからも地域に元気や笑顔を届けます!!”

企業

パナソニックエコテクノロジーセンター株式会社

(加東市)

家電のリサイクルを通じた環境教育と障害者の就労活動支援

家電リサイクルの工場見学を通じて、世界中の小学生から大人を対象に環境教育等を実施している。また、就労継続支援A型事業所に業務の一部を委託し、障害者の就労や社会復帰を支援している。

トヨタハートフルプラザ神戸

(神戸市中央区)

福祉をテーマに地域福祉施設・団体と共にイベントを企画・実施

福祉イベントの企画・参加を、福祉施設や団体、企業等に呼びかけ、普段繋がることのない方々が一緒にイベントを実施する機会を提供している。

 

▲このページのトップへ

お問い合わせ

部署名:健康福祉部障害福祉局ユニバーサル推進課

電話:078-362-4379

FAX:078-362-9040

Eメール:universal@pref.hyogo.lg.jp