ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 薬・献血 > 勤労者の骨髄ドナー確保等活動支援金について

ここから本文です。

更新日:2018年3月30日

勤労者の骨髄ドナー確保等活動支援金について

兵庫県では、骨髄ドナー登録のPRやドナーが骨髄提供しやすい職場環境づくりに取り組む企業・団体に支援金を交付する制度を実施しています。

支援金制度の内容(平成30年度)

支援金の交付対象

「健康づくりチャレンジ企業」に登録されていて、かつ、次の3区分すべてについて各1項目以上を満たす、従業員6人以上の事業所

区分

項目

支援制度

(1)骨髄等ドナー休暇制度の導入・運用

(2)骨髄等提供のために休んだ場合の給与相当分を補償する仕組みの導入・運用

普及啓発

(1)骨髄等移植に関する社内外への啓発活動の実施

(2)ドナー経験者又は元患者等を招いての講習会の開催(他企業との共催可)

機会確保

(1)献血併行型ドナー登録会の開催(他企業との共催可)

(2)骨髄バンクドナー登録制度の説明員有資格者が1人以上在籍

支援金の額

10万円/1事業所当たり(定額)

※ 1企業当たり同一年度は1回のみ。

※ 平成29年度に交付を受けた事業所については、29年度より実施項目を増やす場合のみ交付対象とします。

支援金の申請・交付の流れ

概略は以下のとおりですが、詳しくは平成30年度勤労者の骨髄ドナー確保等活動支援金交付申請要領をご覧ください。

  1. 企業において事業計画検討・作成(平成30年度中に実施する計画) ※1
  2. 交付申請(計画が固まった時点で、事業計画書を添えて薬務課に申請)
  3. 書類審査・交付決定(薬務課で交付決定し、申請企業に通知)
  4. 事業実施(企業において、事業計画に沿って事業実施)
  5. 事業実績報告・請求書提出(事業が完了した旨を薬務課に報告)
  6. 支援金交付(薬務課が事業実績を確認し、ご指定の口座に振り込み) ※2

※1 支援金申請は、健康づくりチャレンジ企業に登録されていることが前提条件です。

登録がまだの場合は、まず登録をお願いします。

※2 支援金は、骨髄等ドナーへの支援や広報などに幅広く使っていただけます。

申請方法

必要書類(交付申請書と事業計画書)に必要事項を記入のうえ、兵庫県健康福祉部健康局薬務課薬務指導班あて送付してください。様式は下記関連資料欄からダウンロードできます。

ご不明の点がありましたら、お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

関連資料

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局薬務課 薬務指導班

電話:078-362-3268

内線:3309

FAX:078-362-4713

Eメール:yakumuka@pref.hyogo.lg.jp