ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 薬・献血 > 薬局機能情報提供制度について

ここから本文です。

更新日:2019年1月25日

薬局機能情報提供制度について

この制度は、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(以下「医薬品医療機器等法」という。)第8条の2の規定に基づき、医療を受ける者が薬局の選択を適切に行うために必要な情報(以下「薬局機能情報」という。)について、薬局開設者から報告を受け、都道府県において薬局機能情報を公表するものです。

報告には、「初回報告」、「修正又は変更報告」及び「定期報告」があり、報告いただいた薬局機能情報は、下記関連リンクの「兵庫県医療機関情報システム」で公表しています。

薬局機能情報提供制度の改正(報告項目の追加)

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律施行規則の改正により、薬局機能情報提供制度の報告項目の追加、報告時期の統一化が行われることになりました。

1 施行日

平成30年4月1日 ( 下記3(1) 薬剤師不在時間の有無のみ )
平成31年1月1日 ( 下記3(2) ~(13))

2 報告期限

平成30年12月31日における薬局機能情報を、平成31年1月末日までに、兵庫県医療機関情報システムで報告してください(次年度以降も同様)。

3 追加項目

  1. 薬剤師不在時間の有無
  2. 健康サポート薬局に係る研修を修了した薬剤師の人数
  3. 電磁的記録による薬剤服用歴管理の実施の有無
  4. 薬剤情報を電磁的記録により記載するための手帳を所持する者の対応の可否
  5. 医療連携の有無
    ア プレアボイド事例の把握・収集に関する取組の有無
    イ プロトコルに基づいた薬物治療管理(PBPM)の取組の有無
  6. 地域医療情報連携ネットワークへの参加の有無
  7. 退院時の情報を共有する体制の有無
  8. 受診勧奨に係る情報等を医療機関に提供する体制の有無
  9. 副作用等に係る報告の実施件数 
  10. 医療安全対策に係る事業への参加の有無
  11. 医療を受ける者の居宅等において行う調剤業務の実施件数 
  12. 健康サポート薬局に係る研修を修了した薬剤師の地域ケア会議(行政職員をはじめとした地域の関係者から構成される会議体をいう。)
    その他地域包括ケアシステムの構築のための会議に参加した回数 
  13. 患者の服薬状況等を医療機関に提供した回数 

※ 1月1日から12月31日までの年間件数等が必要となる項目

4 留意事項

  • 薬局は、報告義務がありますので、報告がない場合は違反となります。
  • 一部の項目(※の項目)で、1年間の実績を報告する必要があるので注意してください。

5 関係通知

  • 「「薬局機能に関する情報の報告及び公表にあたっての留意点について」の改正について」
    (平成29年10月6日付け薬生発1006第1号厚生労働省医薬・生活衛生局総務課長通知)
  • 「薬局機能情報提供制度の改正について」
    (平成29年10月6日付け薬生発1006第4号厚生労働省医薬・生活衛生局長通知)

報告項目

報告項目は次のとおりです。

基本情報

  1. 薬局の名称
  2. 薬局開設者
  3. 薬局の管理者
  4. 薬局の所在地
  5. 電話番号及びファクシミリ番号
  6. 営業日
  7. 開店時間
  8. 開店時間以外で相談できる時間

     

    基本情報以外
  9. 薬局までの主な利用交通手段
  10. 薬局の駐車場
  11. ホームページアドレス
  12. 電子メールアドレス
  13. 健康サポート薬局である旨の表示の有無
  14. 相談に関する対応の可否
  15. 薬剤師不在時間の有無
  16. 対応することができる外国語の種類
  17. 障害者に対する配慮
  18. 車いすの利用者に対する配慮
  19. 受動喫煙を防止するための措置
  20. 医療保険及び公費負担等の取扱い
  21. クレジットカードによる料金の支払の可否
  22. 認定薬剤師の種類及び人数
  23. 健康サポート薬局に係る研修を修了した薬剤師の人数
  24. 薬局の業務内容
  25. 地域医療連携体制
  26. 薬局の薬剤師数
  27. 医療安全対策の実施
  28. 情報開示の体制
  29. 症例を検討するための会議等の開催の有無
  30. 処方せんを応需した者の数(患者数)
  31. 医療を受ける者の居宅等において行う調剤業務の実施件数
  32. 健康サポート薬局に係る研修を修了した薬剤師が地域ケア会議その他地域包括ケアシステムの構築のための会議に参加した回数
  33. 患者の服薬状況等を医療機関に提供した回数
  34. 患者満足度の調査
  35. 薬局の認定等
    1. 兵庫県薬剤師会新基準認定薬局
    2. 薬学生実務実習受入施設

報告について

1.報告について

  1. 初回報告
    薬局開設者は、新たに薬局の開設許可を受けた場合は、30日以内に報告しなければなりません。
  2. 修正又は変更報告
    薬局開設者は、基本情報及び健康サポート薬局である旨の表示の有無に修正又は変更があった場合は、30日以内に報告しなければなりません。
    なお、この報告は、医薬品医療機器等法第10条の規定に基づく開設許可等の事項の変更の届出(いわゆる変更届書による届出のこと)とは別です。忘れずに両方行っていただくようお願いします。
    その他の情報について修正又は変更があった場合は、随時報告することができます。
  3. 定期報告
    薬局開設者は、毎年、12月31日現在の情報を、翌年の1月31日までに、報告しなければなりません。

2.報告方法

次のいずれかの方法で、報告することができます。ただし、できるだけインターネット上から報告をお願いします。

  1. 兵庫県医療機関情報システムへの直接入力
  2. 「兵庫県薬局機能情報提供制度実施要領」に定められた様式(様式1=初回報告、様式2=変更報告、様式3=定期報告)を郵送又は持参

【兵庫県医療機関情報システムからの入力方法】

  1. ホームページにアクセスする。http://web.qq.pref.hyogo.lg.jp/hyogo(外部サイトへリンク)
  2. 右下にある「関係者ログイン」を押す。
  3. 各薬局に交付している「ログイン・パスワード設定票」に記載されている機関コードとパスワードを入力し、ログインする。(所在地が神戸市、姫路市、尼崎市、明石市、西宮市の薬局については、健康福祉部健康局薬務課から「ログイン・パスワード設定票」を別途郵送します。)
  4. 関係者向けメニューが表示されるので、「機能情報登録」→「報告開始」を押し、必要事項を入力する。
  5. すべての入力が完了したら、一番下の「報告へ」ボタンを押して完了させる。

提出先

店舗の所在地を管轄する県民局の健康福祉事務所(芦屋、宝塚、伊丹、加古川、加東、中播磨、龍野、赤穂、豊岡、朝来、丹波、洲本)及び健康福祉部健康局薬務課(神戸市、姫路市、尼崎市、明石市、西宮市)

その他注意事項

  1. 「ログイン・パスワード設定票」を紛失された場合は、上記の提出先にお問い合わせください。
  2. 報告いただいた内容は、兵庫県医療機関情報システムホームページ(http://web.qq.pref.hyogo.lg.jp/(外部サイトへリンク))で公表します。
  3. 報告いただいた内容は、原則としてそのままホームページで公表します。ただし、インターネット上の閲覧が不可能な文字については、薬局開設者の同意なしに変更させていただくことがあります。
  4. 報告いただいた内容は、報告時点における実施の可否、有無等を報告いただくものであり、将来的な実施予定ではありませんので、報告時点での現状をありのままに報告してください。
  5. この報告をしない場合や、虚偽の報告をした場合は、医薬品医療機器等法第72条の3に基づく指導の対象となりますので正しく報告してください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局薬務課

電話:078-362-3269

FAX:078-362-4713

Eメール:yakumuka@pref.hyogo.lg.jp