ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 健康づくり > 阪神タイガースとフットマッサージの30分。

更新日:2022年9月28日

ここから本文です。

阪神タイガースとフットマッサージの30分。

第一生命保険株式会社
神戸総合支社営業推進グループ次長
高橋貴子さん

唯一自分の時間が持てるのが朝だった。

8時前には会社に出勤するので朝は毎朝5時に起きて7時ごろ家を出る生活をしています。結婚する前は朝は本当に苦手で起こされないと起きられないような身体だったのですが、子供が生まれてからは誰も起きてこない朝の時間が唯一の自分の時間だったので、有効に使いたい、楽しみたい、って思うようになりました。
起きてから30分間はリビングでぼーっとする時間にしています。阪神タイガースのファンなので、シーズン中はたいていテレビの「おはよう朝日です」をつけて野球のニュースを見ながら、主人がいつかのクリスマスに買ってくれたフットマッサージ機に足を突っ込んで、ただぼーっとする。その30分で身体にスイッチを入れて、そこから動き出します。お洗濯をしたりお弁当を作って簡単な朝ごはんを食べて、会社に行く支度して。休日も同じです。夜はアルコールが入ることもあるし、眠たくなっちゃうんですよね。

豆から挽くことだけはこだわるコーヒー。

お弁当も朝ごはんも簡単なものですが、コーヒーだけは別です。といってもそんなに詳しいわけではないのですが、近所のコーヒー豆屋さんのマスターに好みに焙煎してもらった豆をミルで挽く。それだけなんですが、大好きなコーヒーの香りが漂うその静かな時間はやっぱりいい。


ミルで挽くのは手間はかかりますが、その時の香りから楽しんでいます。

今考えると朝の時間は子育てのフェーズごとに変化してきたなと思います。資格を取るときは子供が起きてくる前の4時に起きて勉強したり、保育園時代はぼーっとする時間なんてなかったですがその代わり子供といろんな話をしたり。今が一番気楽でいい形なのかもしれませんね。息子は今は名古屋で就職して一人暮らししていますが、彼も朝は出発の2時間前には起きてるって聞きました。美味しいコーヒーもしっかり引き継いでいるみたいです。

目標は8500歩。

朝起きて散歩したりしてもいいんだろうとは思うのですが、そこまでできないので唯一やっているのは会社に着いたら3階のオフィスまで階段で行くことくらい。ただ、会社で年に何回かウォーキングイベントがあるんです。アプリを使ってチームごとに歩数を競うのですが、その時はみんなに迷惑かけたらダメだなと思って8500歩を目標に歩きます。といっても階段を増やすとかですけど(笑)。でもたまにそうやってチームで取り組むのは運動するいいきっかけになるなあと結構楽しんでいます。

音楽でさらにエンジンをかける。

仕事でお客さんとお話することが多いので、ニュースなどの情報は最低限知っておきたいなというのもあり、5時から7時までの家にいる間はテレビやラジオをつけながら過ごしていますが、本当は音楽を聴くのが大好きなんです。なので行き帰りの電車はかならずイヤホンで好きなサザンや最新の音楽を楽しんでいます。行きは仕事へのスイッチ、帰りは好きな音楽を好きなだけ。家から電車、だんだんと仕事へのエンジンをかけていく。私にとって朝はそんな時間なのだと思います。

 

「アサ@」に参加する理由/第一生命保険株式会社

第一生命は今年、創業120周年を迎えます。創業以来、「お客さま第一」を経営の基本理念に据え、生命保険の提供を中心に、地域社会への貢献に努めてきました。当社のビジョンである「安心の先にある幸せへ。」を実現する
ために必要不可欠なことが全ての人々の「健康」です。人生100年時代を迎えた今、万が一の「保障」だけでなく「資産形成・承継」「健康・医療」「つながり・絆」などの分野でお客さまの毎日と人生を支えていきます。
私たちは2017年9月に生命保険会社として初めて兵庫県と「包括連携協定」を締結し、県民の皆さまの健康増進に向けた協働に取組んできました。これからも兵庫県と共通の思いである「健康増進」と「地域の活性化」を目指していきます。

 

お問い合わせ

部署名:企画部 地域振興課

電話:078-362-4032  

Eメール:chiikishinkou@pref.hyogo.lg.jp