ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 健康づくり > 中学生時代から続く「どんぶりで白飯」。

更新日:2022年9月28日

ここから本文です。

中学生時代から続く「どんぶりで白飯」。

ダイドードリンコ株式会社
西日本第一営業部神戸オフィス
江村央人さん

毎朝ご飯一合炊きます。

小学校からずっと野球をやっていて一時はプロを目指そうと思っていたくらいです。最近はもっぱら草野球。面白くないかもなと思いながら始めたのですが、全国大会を目指すようなチームでみんなモチベーションがあって楽しい。試合がある休日は5時起きですが、それも苦ではないです。
たいてい朝は運動からスタートします。出勤前に腹筋して、メリケンパークを2,3キロ走って、それから家に帰って炊きたてのご飯を食べる。そういう生活を平日も休日もほぼ毎日しています。一人暮らしなんですが、朝はいつもご飯一合炊いて、それをどんぶりに入れて食べるんです。ご飯のお供は卵。スクランブルエッグにして、あとはウインナーとか豚バラとか入れることもありますが、基本は毎朝そんな感じです。太ってしまうのは分かっているのですが、とにかく白飯が大好き。中学校時代からどんぶりでがっつり。多分その習慣が今でも続いてるんでしょうね。

朝の定番、「豚肉と卵のスタミナ飯丼」です

胃の調子が良くない時は葉の茶を愛飲。

元々、体を鍛えるのが好きなので、昔はすごい筋肉をつけていたこともあります。仕事は営業なのでお客様とお話しする機会も多いのですが、体を鍛える話がつながることも。うちの自動販売機で歩数の目標を決めてその歩数を超えるとポイントがもらえるという「SmileWalk」というアプリがありますが、その話はお客様と結構盛り上がります。

ちょっとお恥ずかしい話、ここ一年ちょっとで体重を増やしてしまいました。なので最近は「ダイドーブレンド ブラック 世界一のバリスタ監修」が朝の定番。でも胃の調子が良くないときはだんぜん「葉の茶」です。そうやって自分なりに健康を意識しながら朝を過ごしています。白飯はやめられないですけどね(笑)。

 

「アサ@」に参加する理由/ダイドードリンコ

ダイドードリンコは、地域社会に深く根差した自販機を通じて、全国のお客様に“こころとからだに、おいしい”清涼飲料水をお届けしております。
当社がこれからも持続的にこの事業を行っていくためには、地域社会が豊かで元気であること、またその地域社会の次代を担う子どもたちが元気で、そして健やかでいることが大切であると考えています

お問い合わせ

部署名:企画部 地域振興課

電話:078-362-4032  

Eメール:chiikishinkou@pref.hyogo.lg.jp