ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 健康づくり > 学生との取組が自分自身の朝食を見直すきっかけに。

更新日:2022年11月28日

ここから本文です。

学生との取組が自分自身の朝食を見直すきっかけに。

株式会社ローソン

近畿カンパニー畿商品部ーチャンダイザー

潔さん

出社ぎりぎりまで起きられなかった一年前の私。

8時半に起きて、身支度して歩いて5分の会社に9時前に出社する。これが私の1年前の生活でした。とにかく朝起きるのが苦手で、携帯のアラーム5回鳴らないと起きられないくらい。そんな私がこの半年前から朝食を摂るように意識し始めました。きっかけは「ちびにぎまる」の担当になったことです。

学生さんたちと取り組む中で自分自身の生活も考えるように。

「ちびにぎまる」は若者の朝食欠食率が高いという課題に対して、神戸女子大学×ローソン×神戸市で連携して開発したおにぎり弁当。20代前半の若者がどんな朝食なら食べるのか、学生さんたちとゼロから考え企画したんです。約5ヶ月間、学生さんたちは本当に熱心に取り組んでいて、決戦投票では落ちたチームのことを思うと私がウルウルしてしまったくらい(笑)。担当として関わる中で、私自身の朝食や栄養のことも改めて考えるようになりました。

今のお気に入り、もち麦バンズと水出しコーヒー。


​​​​​​※もち麦バンズで作ったバーガー。朝から買いに行く時間はないので、前日の夜にローソンで材料をゲットしています。

それ以降、毎朝30分だけですが早く起きるようにして、朝ごはんの時間を作るように。ゆで卵とコーヒーだけの時もありますが、今はローソンのもち麦バンズ(※現在は取り扱いなし)にカット野菜とベーコン、それにスクランブルエッグをのせたバーガーがマイブーム。バンズの糖質が低いし、食物繊維もとれて、朝から満足感があります。

朝ごはんを食べるようになって、午前中の集中力が保てるようになったなあと感じます。商品開発の仕事柄、試食が多い日はさすがに朝は抜きますが、それ以外は毎朝朝ごはんを食べる生活になりました。とはいえまだまだ余裕のある朝とは程遠いかな(笑)。次の目標は音楽などをかけながらもう少しゆったりとした朝ごはんの時間を過ごすことですね。

「アサ@」に参加する理由/株式会社ローソン

ローソンは「地域の健康一番店」を目指し、マチの皆さまへ向けた健康への取り組みを進めています。糖質・カロリーを抑えた「ブランパン」シリーズをはじめ、お客様の健康をサポートする商品を揃えています。
今回、一日の始まりである「朝」を健康かつ楽しく過ごし、元気のある一日を迎えていただきたいという思いから自治体・地域と連携し、「アサ@」に参加させていただきました。

お問い合わせ

部署名:企画部 地域振興課

電話:078-362-4032  

Eメール:renkei@pref.hyogo.lg.jp