ホーム > まちづくり・環境 > 設計・工事 > 制度・基準 > 建築設備について

ここから本文です。

更新日:2019年10月1日

建築設備について

建築基準法における建築設備とは、建築物に設ける電気、ガス、給水、排水、換気、暖房、冷房、消火、排煙若しくは汚物処理の設備又は煙突、昇降機若しくは避雷針をいい、建築基準法及びこれに基づく命令等において安全上、防火上及び衛生上の基準が定められています。


建築設備のうちの昇降機に関しては、「昇降機等について」をご覧ください。


浄化槽に関しては「兵庫県浄化槽設計・施工上の運用指針」が「建築基準法の施行について」からダウンロードできます。

 

なお、神戸市、尼崎市、姫路市、西宮市、伊丹市、明石市、加古川市、宝塚市、川西市、三田市、芦屋市及び高砂市は、それぞれ特定行政庁として、建築行政事務を行っています。上記の特定行政庁に設置される建築設備の運用等については、各特定行政庁にお問い合わせください。

兵庫県浄化槽設計・施工上の運用指針の一部改定について(令和元年10月1日)

「兵庫県浄化槽設計・施工上の運用指針」を一部改定しました(令和元年10月1日)。

改正内容は、用語の整理などで、具体的な内容の変更はありません。

また、既設のくみ取便所を合併処理浄化槽を設けた水洗便所に取り替える場合の合併処理浄化槽の処理対象人員の算定例については「住宅に係る屎尿浄化槽の処理対象人員の算定基準について(通知)」(PDF:77KB)をご確認ください。

 

関連メニュー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部住宅建築局建築指導課

電話:078-362-3609

FAX:078-362-4455

Eメール:kenchikushidouka@pref.hyogo.lg.jp