ホーム > 組織情報一覧 > 企画県民部 > 企画県民部 防災企画局 防災企画課

ここから本文です。

更新日:2018年3月20日

企画県民部 防災企画局 防災企画課

業務内容

防災業務の総合的な企画・調整のほか、国際防災・減災活動等を行います。
また、東日本大震災を踏まえた県の地震の被害想定の検討や地域防災計画の策定を行っています。

問い合わせ先

〒650-8567

神戸市中央区下山手通5-10-1兵庫県災害対策センター(1号館北側)

班名 分掌事務 電話番号 FAX・E-mail
防災企画班
調整担当
  1. 防災企画局、災害対策局に係る業務の総合調整に関すること
  2. 災害対策センター及び災害待機宿舎の維持管理に関すること
  3. 防災に関する表彰に関すること

078-362-9814

FAX:
078-362-9914
E-mail:
bousaikikakuka@pref.hyogo.lg.jp
防災企画班
防災事業担当
  1. 災害時要援護者対策に関すること
  2. 人と防災未来センターの管理運営に関すること
  3. 国際防災関係機関との連携に関すること
  4. 災害支援協力(国外)に関すること
  5. 災害相互応援協定(国外)に関すること
  6. 北東アジア地域自治体連合防災分科委員会に関すること
  7. 大災害の義援金に関すること
078-362-9870
防災計画班
  1. 地域防災計画に関すること
  2. 防災会議に関すること
  3. 地震防災対策特別措置法の施行に関すること
  4. 南海トラフ地震に係る地震防災対策の推進に関する特別措置法の施行に関すること
  5. 防災に関する調査研究等に関すること
078-362-9809 FAX:
078-362-9839
E-mail:
bousaikikakuka@pref.hyogo.lg.jp

 

主要施策等

(1)災害時要援護者対策の推進

平成29年3月に制定された「ひょうご防災減災推進条例」に基づき、市町における災害時要援護者名簿や個別支援計画の作成、避難支援体制を促進するとともに、市町や地域における災害時要援護者避難訓練への助言等を通じ、災害時要援護者支援体制の充実強化を図ります。

(2)人と防災未来センターの運営

阪神・淡路大震災の経験と教訓を後世に継承するとともに、その経験を生かし、防災に関する知識や技術の普及を図るために、HAT神戸に設立された「人と防災未来センター」を運営します。

(3)国際防災関係機関との連携推進

神戸東部新都心に集積した国際防災関係機関や県立大学の防災ユニット、兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科、防災研究、教育に取り組む大学と研究交流、連携を図り、防災・減災活動の拠点としての機能を充実させるとともに、国内外に向けた発信力を強化します。また、神戸東部新都心に集積する国際防災関係機関の活動を支援し、国内外の災害に対する被害の軽減に寄与します。

(4)地域防災計画の推進

防災対策の一層の充実を図るため、県地域防災計画について所要の見直しを行います
また、市町における災害時の初動対応、被害情報の収集・伝達体制等、防災体制の充実強化や市町地域防災計画の修正について、助言を行っています。
【県地域防災計画の構成
地震災害対策計画、風水害等対策計画、海上災害対策計画、原子力等防災計画、大規模事故災害対策計

(5)兵庫県防災会議の開催

指定地方行政機関、指定地方公共機関や有識者等で構成された防災会議において、地域防災計画の作成や実施、その他地域ごとの特性に応じた防災に関する取り組みを審議します。

事業等の紹介、関連するページ