ホーム > 組織情報一覧 > 県土整備部 > 県土整備部 住宅建築局 営繕課

ここから本文です。

更新日:2019年5月14日

県土整備部 住宅建築局 営繕課

業務内容

県有施設の建設に関し、建築技術のトータルアドバイザーとして、施設整備の依頼部局と協力しながら県民の多様なニーズに応じた施設の企画・立案を行うとともに、基本計画、基本設計及び実施設計、さらに工事監理に至る一貫した業務を行っています。

問い合わせ先

〒650-8567

兵庫県神戸市中央区下山手通5-10-1(1号館12階)

班名

分掌事務

電話番号

FAX・E-mail

建築技術・企画班

  1. 課の庶務に関すること。
  2. 課の予算、決算に関すること。(予算の執行の管理及び分任予算に係る所管部局との調整に関することを含む)
  3. 営繕工事事務に関すること。
  4. 他課との連絡調整に関すること。(耐震を除く)
  5. 営繕工事の企画、調整及び進行管理に関すること。
  6. 各部局に係る営繕工事の予算の見積り及び予算単価に関すること。
  7. 営繕工事に係る建物の調査に関すること。
  8. 小規模修繕工事の相談、指導に関すること。
  9. 建築工事の総合評価の調整に関すること。
  10. 建築工事の新技術・新工法に関すること。(耐震補強工事に係る新工法を除く。)
  11. 技術職員の研修に関すること。
  12. 他の班の所掌に属さない技術に関すること。

078-362-4364

FAX:
078-362-3932

E-mail:
eizenka@pref.hyogo.lg.jp

耐震・構造班

  1. 他課との連絡調整に関すること。(耐震に関するものに限る。)
  2. 県有施設の耐震診断・耐震補強に関すること。
  3. 構造計算、補強設計に係る技術指導に関すること。
  4. 耐震補強工事に係る新工法に関すること。
  5. 建築と設備の施工調整に関すること。
  6. 営繕工事の設計・監理に関すること。

078-362-3638

078-362-9312

営繕班

  1. 営繕工事の設計・監理に関すること。
  2. 営繕工事に係る計画通知等関係行政庁との協議に関すること。
  3. 営繕工事に係る関連法令の許可申請等の手続きに関すること。
  4. 営繕工事の完成引き継ぎに関すること。

078-362-4304

078-362-3636

主要施策等

2019年度主要営繕工事

事業名称

事業内容・スケジュール

1.ひょうご障害者総合トレーニングセンター(仮称)整備事業(新規)

障害者スポーツへの関心の高まりを維持し、さらなる振興を図るため、新たに総合的な障害者スポーツ施設を整備
2019年度設計、2020~2021年度工事

2.狩猟者育成センター(仮称)整備事業(新規)

狩猟者の捕獲技術の向上、法令や安全対策の知識の習得、狩猟体験等を通じて、新たな狩猟者を確保するための拠点を整備
2019年度設計、2021年度工事

3.人と自然の博物館新収蔵庫棟の計画事業(新規)

現在の標本・資料の収蔵スペースが不足し、適正な保管が困難であることに加え、新たな寄贈品に対応できないため、十分な容量を備えた収蔵庫を増設
2019年度設計、2020~2021年度工事

4.歴史博物館リニューアル事業(新規)

施設・設備の老朽化が著しいことから、博物館資料が適正な保存環境のもとで将来にわたって保存・活用できるように改修
2019~2020年度設計、2021~2022年度工事

5.考古博物館加西分館の増築改修事業(新規)

新たに寄贈される秀逸な作品を展示するための展示室を整備
2019年度設計、2020年度工事

6.旧柏原病院解体撤去事業(新規)

県立柏原病院の跡地利活用に際して、既存建物の解体撤去工事を実施
2019年度設計、2020~2021年度工事

7.神戸商科キャンパス学部学科再編整備事業(継続)

社会ニーズに的確に対応するとともに魅力ある教育研究を進めるため、経済学部・経営学部を再編し、社会情報科学部及び国際商経学科を設置するために必要となる新教育棟及び国際学生寮を整備
2017~2018年度設計、2018~2019年度工事

8.姫路工学キャンパス整備事業(継続)

県立大学工学部・工学研究科が持つ強みを更に生かすため、昭和40年代前半に建設した10施設の建て替えを行い、教育研究・先端研究施設等の6施設に集約、再編
2014~2021年度設計、2015~2023年度工事

9.国際観光芸術専門職大学(仮称)整備事業(継続)

舞台芸術の学修で得た能力を基礎として、観光・芸術文化を通じた新たな価値を創造できる専門職業人材を育成するため、但馬地域に新たな専門職大学を整備
2018~2019年度設計、2019~2020年度工事

10.県庁発祥の地整備事業(継続)

兵庫県政150周年を契機として、兵庫県の成立や五国の歴史等を学び、体感・体験できる施設を県庁発祥の地に整備
2018~2020年度設計、2019~2022年度工事

11.但馬文教府の機能強化事業(継続)

但馬地域の地域文化、スポーツ、生涯学習、地域づくり活動の拠点としての機能を強化するとともに、ふるさと意識を醸成していくための拠点としての機能を充実するため、活動体験館を建替
2018年度設計、2019~2020年度工事

12.県立公園あわじ花さじき(仮称)整備事業(継続)

あわじ花さじきが県下一円にもたらす経済効果や地域活性化の高い貢献度に着目し、県立公園とするため、レストランや展望デッキ等を整備
2017~2018年度設計、2018~2019年度工事

13.但馬水産事務所庁舎建替整備事業(継続)

老朽化が著しく、未耐震の但馬水産事務所庁舎を、現但馬水産技術センター用地内に移転建替
2018年度設計、2019年度工事

14.尼崎南警察署新築事業(継続)

老朽化に加え、未耐震性の庁舎及び寮を現地建替
2018~2019年度設計、2019~2021年度工事

15.はりま姫路総合医療センター(仮称)整備事業(継続)

県立姫路循環器病センターと製鉄記念広畑病院を統合再編し、播磨姫路圏域において安定的・継続的に高度で良質な医療を提供する新病院を整備
2017~2018年度設計、2019~2021年度工事

16.公共施設等適正管理事業(継続)

「兵庫県公共施設等総合管理計画」に基づき、既存躯体等を活用した大規模な改修工事や、屋根、外壁、設備等の計画的な修繕を実施

  • 長寿命化改修 継続:4施設
     西神戸集合庁舎、篠山集合庁舎、姫路総合庁舎、繊維工業技術支援センター
  • 計画修繕 新規:6施設 継続:10施設

17.県立学校老朽化対策事業(継続)

「県立学校施設管理計画」に基づき、長寿命化改修やトイレ改修などの老朽化対策を計画的に推進

  • 長寿命化改修(全部実施) 継続:1校
    加古川南高校
  • トイレ改修 新規:12校、継続:22校
18.県有施設耐震化事業(継続)
未耐震施設の耐震化を図るとともに、施設の機能維持を図るための改修を実施
継続:1施設
県立教育研修所

19.県立学校太陽光発電設備整備事業(継続)

全国的な電力事情を踏まえ、県立学校施設への太陽光発電設備導入計画を促進
新規:5校、継続:2校

事業等の紹介、関連するページ