ホーム > 組織情報一覧 > 中播磨県民センター 県民交流室 (産業観光課、銀の馬車道担当)

ここから本文です。

更新日:2017年3月21日

中播磨県民センター 県民交流室 (産業観光課、銀の馬車道担当)

業務内容

産業観光課では、中小企業等の経営革新・融資・協同組合設立への支援等の商工業振興や、労働事情の実態把握等の雇用施策の推進に取り組んでいます。また、消費者金融相談の窓口も開設しています。
銀の馬車道担当では、「銀の馬車道プロジェクト」の推進や観光振興に取り組んでいます。

問い合わせ先

〒670-0947

姫路市北条1-98

課名

分掌事務

電話番号

FAX ・ E-mail

産業観光課

地域産業の振興

079-281-9259

079-222-8573

nkharikem@pref.hyogo.lg.jp

銀の馬車道担当

銀の馬車道プロジェクトの推進、

観光振興

079-281-9034

主要施策等

1. 地域産業の振興

 地域の中小企業等に対する経営革新等の支援、商工業の振興のほか、労働事情の実態把握など、中播磨地域の経済・雇用対策に取り組んでいます。そのほか、火薬類等に関する許可申請や、中小企業等協同組合法、工場立地法、貸金業法等に基づく届出・申請の受付、県制度融資、消費者金融に関する相談窓口の設置をしています。

2. 銀の馬車道プロジェクトの推進

 明治初頭、当時のヨーロッパの最新技術が導入され、但馬から中播磨の人、もの、情報を結ぶ南北交流の基幹軸として大きな役割を果たした「銀の馬車道」(正式名:生野鉱山寮馬車道)を、中播磨南北交流のシンボルとして掲げ、豊かな自然や歴史・文化などの地域資源を活用し、中播磨の魅力と賑わいづくりを目指す“銀の馬車道プロジェクト”を推進しています。

3. 地域の魅力を活かした観光振興と交流の促進

 世界文化遺産・姫路城、映画のロケ地になった砥峰高原のほか、ゴルフのアイアンヘッド工場見学等の産業ツーリズム、もち麦等のご当地グルメなど、銀の馬車道沿線の観光資源を活用し、広域観光ルートとして国内外に発信し、誘客を図っています。

事業等の紹介、関連するページ

銀の馬車道公式ホームページ(外部サイトへリンク)