ホーム > 健康・医療・福祉 > 障害者福祉 > 障害者総合支援法サービス(事業者向け情報) > 障害者施設原油価格・物価高騰対策一時支援金について

更新日:2023年1月5日

ここから本文です。

障害者施設原油価格・物価高騰対策一時支援金について

申請の受付を終了しました。

光熱水費等の高騰による利用者負担を軽減するとともに、報酬単価等が据え置かれている障害福祉関係施設等が継続的・安定的にサービスを提供できるよう、一時支援金を支給します。

申請案内(令和4年11月14日兵庫県障害福祉課長通知)(PDF:27KB)

申請期限を令和4年12月21日(水曜日)厳守まで延長しています。漏れのないよう申請をお願いいたします。

補助対象サービス

【入所系①】

福祉型障害児入所施設、医療型障害児入所施設

【入所系②】

短期入所(単独型、併設型に限る)、施設入所支援、共同生活援助

【通所系】

療養介護、生活介護、自立訓練(機能訓練)、自立訓練(生活訓練)、就労移行支援、就労継続支援A型、就労継続支援B型、児童発達支援、医療型児童発達支援、放課後等デイサービス

【訪問系】

居宅介護、重度訪問介護、行動援護、同行援護、就労定着支援、自立生活援助、計画相談支援、地域移行支援、地域定着支援、障害児相談支援、保育所等訪問支援、居宅訪問児童発達支援

  • 対象となる施設・事業所は、令和4年11月1日時点で現に指定等を受けており、かつサービスを提供している者(休止中を除く)とする。
    ただし、以下に該当する場合は申請できません。
    1. 政令市・中核市が指定する事業所
    2. 当該一時支援金の申請時点で廃止している事業所
    3. 国及び法人税法別表第1(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)に規定する公共法人が設置する事業所(指定管理者制度による運営を含む)
    4. 基準該当、地域生活支援事業
    5. 基準上の設備を共用する施設・事業所であって、「高齢者施設原油価格・物価高騰対策一時支援金」の交付を受ける施設・事業所

補助額

基準単価表

定員規模(名)

単価(円)

入所系①

入所系②

通所系

訪問系

0-9

50,000

32,000

18,000

25,000

10-19

150,000

96,000

54,000

20-29

250,000

160,000

90,000

30-39

350,000

224,000

126,000

40-49

450,000

288,000

162,000

50-59

550,000

352,000

198,000

60-69

650,000

416,000

234,000

70-79

750,000

480,000

270,000

80-89

850,000

544,000

306,000

90-99

950,000

608,000

342,000

100-109

1,050,000

672,000

378,000

110-119

1,150,000

736,000

414,000

120-129

1,250,000

800,000

450,000

130-139

1,350,000

864,000

486,000

140-149

1,450,000

928,000

522,000

150-159

1,550,000

992,000

558,000

160-169

1,650,000

1,056,000

594,000

170-179

1,750,000

1,120,000

630,000

180-189

1,850,000

1,184,000

666,000

190-199

1,950,000

1,248,000

702,000

200-209

2,050,000

1,312,000

738,000

210-219

2,150,000

1,376,000

774,000

220-229

2,250,000

1,440,000

810,000

230-239

2,350,000

1,504,000

846,000

240-249

2,450,000

1,568,000

882,000

250-259

2,550,000

1,632,000

918,000

260-269

2,650,000

1,696,000

954,000

270-000

50,000円に100,000円に

定員を10で除した数(小数点以下切捨)を

乗じた金額を加えて得られる額

32,000円に64,000円に

定員を10で除した数(小数点以下切捨)を

乗じた金額を加えて得られる額

18,000円に36,000円に

定員を10で除した数(小数点以下切捨)を

乗じた金額を加えて得られる額

留意事項

  • 定員は令和4年11月1日時点で判断します。
  • 障害福祉サービス事業所番号ごとに申請し、事業所番号に応じたサービス及び定員に基づき、サービス別に計算します。ただし、以下の場合はそれぞれ記載の計算方法となります。
    1. 障害児入所と設備を共有する療養介護は、障害児入所のみ算定します。
    2. 設備を共有する障害児通所サービスは、多機能型定員に基づき算定するため、一方のサービスのみ算定します。
      例:児童発達支援と放課後等デイサービスを多機能型定員10人で実施している場合
      サービス種別 定員 金額
      児童発達支援 10 54,000円
      放課後等デイサービス 10 0円
    3.  事務所を共有する訪問系は事業者番号が異なるサービスを含め1サービス分のみ算定します。
      例:居宅介護、重度訪問介護、計画相談支援、障害児相談支援
      事業所番号281xxxxxxx

      サービス種別 金額
      居宅介護 25,000円
      重度訪問介護 0円

      事業所番号283xxxxxxx
      サービス種別 金額
      計画相談支援 0円

      事業所番号287xxxxxxx
      サービス種別 金額
      障害児相談支援 0円

       

申請方法

【電子申請ができる場合】

電子申請に先立ち、まず下記のURL又はQRコードからアクセスいただき、法人情報登録用URL取得のため貴法人のメールアドレス登録を必ず行ってください。

スマートフォンでの申請も可能です。

手順

  • 法人メールアドレス登録用URL

https://hyogo-koutoutaisaku.form.kintoneapp.com/public/top(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

  • 法人メールアドレス登録用QRコード

QR

メールアドレス登録がされると事務局から「法人情報登録用URL」が送信されます。このURLから法人情報登録と、事業所単位での補助金申請をしてください(申請完了後に完了メールが届きます)。

【電子申請ができない場合】

申請様式(Excel入力用、手書き用)(エクセル:39KB)をダウンロードし、申請書を作成の上、申請書に記載した銀行口座の通帳写し(表紙と見開き1ページ目)を添付して、下記までお送りください。(郵送の際は、必ずレターパックでお送りください)。

郵送先:650-8567(住所不要)兵庫県原油価格・物価高騰対策一時支援金支給事業事務局あて

申請に際しての留意事項

  • 障害者サービス事業所番号ごとにそれぞれ申請してください。
  • 訪問系サービスを提供している施設・事業所において、複数サービスの指定を受けており、指定の住所が同一の場合、1つの事業所として補助額を算出しています。同一住所であっても基準上の設備を共有していない場合は、申し出てください。
  • 介護サービスと障害サービスの両方の指定を受け、基準上の設備を共用する施設・事業所については、「障害者施設原油価格・物価高騰対策一時支援金」と重複申請はできません。(共生型サービスを含む)

申請期限

令和4年12月14日(水曜日)厳守

問い合わせについて

申請手続き等がご不明な場合は、以下記載の専用事務局にお問い合わせください(障害福祉課ではお問い合わせ対応はできかねますので、ご留意ください)。

兵庫県原油価格・物価高騰対策一時支援金支給事業事務局コールセンター:078-361-5300

受付時間:平日9時~17時(土日祝日は除く)