ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 精神保健福祉 > 指定自立支援医療機関(精神通院)一覧・指定申請等

ここから本文です。

更新日:2018年4月16日

指定自立支援医療機関(精神通院)一覧・指定申請等

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(以下「障害者総合支援法」という。)における指定自立支援医療機関(精神通院)の一覧や指定を受けるための指定申請について掲載しています。

自立支援医療(精神通院)の制度概要については、県精神保健福祉センターのページをご覧ください。

<お知らせ>

障害者自立支援法が障害者総合支援法へと改正されたことに伴い、平成25年4月1日から申請書の様式が変更されています。

自立支援医療(精神通院)指定医療機関一覧

障害者総合支援法第59条第1項の規定による兵庫県指定自立支援医療機関(精神通院)は以下のファイルのとおりです。

なお、神戸市に所在地のある医療機関については神戸市が指定を行っています。詳細は神戸市保健福祉局障害福祉部障害福祉課(078-322-5271)にお問い合わせください。

 

指定自立支援医療機関(精神通院医療)指定一覧(病院・診療所)[平成30年4月11日現在](エクセル:278KB)

指定自立支援医療機関(精神通院医療)指定一覧(病院・診療所)[平成30年4月11日現在](PDF:986KB)

指定自立支援医療機関(精神通院医療)指定一覧(薬局)[平成30年4月11日現在](エクセル:721KB)

指定自立支援医療機関(精神通院医療)指定一覧(薬局)[平成30年4月11日現在](PDF:2,448KB)

指定自立支援医療機関(精神通院医療)指定一覧(訪問看護ステーション)[平成30年4月11日現在](エクセル:166KB)

指定自立支援医療機関(精神通院医療)指定一覧(訪問看護ステーション)[平成30年4月11日現在](PDF:544KB)

 

支援医療機関(精神通院医療)の指定を取り消しましたのでお知らせします。

指定の取消しを行った指定自立支援医療機関(ワード:26KB)

指定の辞退がありましたのでお知らせします。

指定の辞退があった指定自立支援医療機関(ワード:36KB)

指定自立支援医療機関(精神通院)申請書様式

1.指定申請様式

(1)病院・診療所

※保険医療機関における精神医療についての診療従事年数が、医籍登録後通算して3年以上あることが必要です。精神医療についての診療従事年数が3年以上あることがわかるように記入してください。

(2)薬局

※1 主として担当する薬剤師には、十分な調剤実務経験(おおむね2年以上)が必要です。調剤実務の経験がわかるように記入してください。
※2 新規に開局する薬局の場合は、管理者(管理薬剤師)が、過去に他の指定自立支援医療機関で、管理者(管理薬剤師)としての経験を有していることが必要です。

(3)訪問看護事業者

 

2.指定医療機関内容変更届(共通様式)

(ご注意)医療機関コードが変更となった場合は、変更届ではなく、廃止届及び新コードでの指定申請が必要です。

 

3.廃止・休止・再開・処分届(共通様式)

 

4.指定自立支援医療機関(精神通院医療)の指定更新について

指定自立支援医療機関の指定の効力は指定の日から6年です。指定の効力を失う前に、指定自立支援医療機関は更新の申請を行う必要があります。更新様式については以下の指定自立支援医療機関の指定更新についてをご覧ください。

 

5.その他(診断書)

指定申請書等の提出先は以下のとおりです。

兵庫県健康福祉部障害福祉局 障害福祉課 精神障害福祉班

〒650-8567 神戸市中央区下山手通5-10-1

電話:078-341-7711(代表) 内線:3292,3299

FAX:078-362-3911

指定医療機関の皆様へ(自立支援医療(精神通院)利用の際のご注意)

  1. 指定自立支援医療機関は障害者総合支援法及び同法施行令、同法施行規則、療養担当規程等の関係法令を守っていただく必要があります。
    指定自立支援医療機関の義務等(療養担当規程など)(ワード:28KB)
    関係法令(PDF:124KB)
  2. 自立支援医療(精神通院)の対象範囲は以下の通りです。
    自立支援医療(精神通院)の対象範囲について(ワード:28KB)
  3. 介護認定を受けている方に対して、自立支援医療(精神通院)における訪問看護を行う際の注意です。
    介護認定を受けている方に訪問看護ステーションが訪問看護を行う場合、ケアプランに沿って介護保険の支給限度内で訪問を実施することになり、自立支援医療費の支給はありません。
    ただし、自立支援医療(精神通院)の支給認定を受け自己負担上限額が設定されている方に限っては、介護保険による訪問看護と自立支援医療(精神通院)の認定を受けている病院等・薬局の自己負担額と合わせて自己負担上限額を超えた場合、上限額を超えた額について自立支援医療(精神通院)の支給を受けることができます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部障害福祉局障害福祉課

電話:078-341-7711(内3292)

FAX:078-362-3911