ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 精神保健福祉 > 精神保健福祉センターとは

ここから本文です。

更新日:2018年11月21日

精神保健福祉センターとは

事業案内

  1. 技術指導
    健康福祉事務所や市町および保健・医療・福祉・教育などの関係機関に対し専門的立場から指導や援助を行っています。
  2. 教育研修
    健康福祉事務所、市町、社会復帰施設などで精神保健福祉活動に携わる職員の技術向上に向けた専門的研修を行っています。
  3. 調査・研究
    地域精神保健福祉活動を効果的に実施していく為に必要な調査研究を行っています。また、各種情報を収集整備し、提供します。
  4. 精神医療審査会
    精神科病院における処遇等についての審査に関する事務を行っています。
  5. 手帳と自立支援医療
    精神障害者保健福祉手帳と自立支援医療(精神通院医療)の審査・判定と交付事務を行っています。なお、申請はお住まいの市町の担当窓口です。
  6. 相談
    心の悩みや精神的な病気、社会復帰の相談のうち、特に複雑困難なものに対する相談や、薬物、ひきこもり、家庭内暴力(子から親)などの相談についても行っています。
    薬物問題(乱用・依存)相談のご案内
  7. 集団指導
    相談を受けたなかから、グループでの交流が必要な方に実施しています。現在実施しているグループは、家族教室〈薬物・ひきこもり・家庭内暴力)、当事者グループ(ひきこもり)です。詳細についてはお問い合わせください。
  8. 普及・啓発
    心の健康に関する正しい理解を進めるため、各種リーフレットの配布やパネル、ビデオ、などを専門機関、関係団体へ貸し出しています。兵庫県精神保健福祉センター年報(平成28年度)(PDF:807KB)を掲載しています。
    【お知らせ】
    しおり(精神保健福祉関係機関等便覧)平成26年度版をお持ちの支援者の方へ
    しおり正誤表(PDF:72KB)を随時更新しておりますので、ご活用ください。
  9. 組織育成
    精神保健福祉に関する団体や組織の活動に援助を行っています。

相談したいとき

センターに行って直接、相談したいとき

相談の必要を感じた方がまず、相談に来てください。はじめてのご相談は火曜日~土曜日の午前となります。

(平成30年度においては、4月28日、7月14日、9月15日、9月22日、10月6日、12月22日、1月12日の土曜日は閉館しております。)

土曜日が祝日に当たる場合も閉館になります。

予約制になっておりますので、あらかじめお電話でご予約の上お越しください。

  • 予約電話番号:078-252-4980
  • FAX:078-252-4981

費用は無料です。

兵庫県精神保健福祉センター周辺地図のご案内

神戸市民の方は、下記へご相談ください。

神戸市精神保健福祉センター(外部サイトへリンク)
078-371-1900

電話で相談したいとき

専任の電話相談員がお話を伺います。

こころの健康電話相談専用ダイヤル:078-252-4987

受付時間:火曜日~土曜日

9時30分~11時30分、13時00分~15時30分

(平成30年度においては、4月28日、7月14日、9月15日、9月22日、10月6日、12月22日、1月12日の土曜日は実施しておりません。)

土曜日が祝日に当たる場合も実施しておりません。

回線が混雑してかかりにくい場合がございますので、ご了承ください。

神戸市民の方は、下記へご相談ください。

神戸市こころの健康電話相談専用ダイヤル:078-371-1855

受付時間:月曜日~金曜日

10時30分~16時30分

精神保健福祉に関する相談はお住まいの近くにある健康福祉事務所市町担当窓口でも受け付けております。

どうぞ、ご利用ください。

神戸市民の方はお住まいの区の保健福祉部、もしくは神戸市精神保健福祉センター(外部サイトへリンク)をご利用ください。

ひょうご・こうべ依存症対策センター専用ダイヤル:078-251-5515(短縮ダイヤル #7330(なやみされ))

依存症はアルコール・薬物・ギャンブルのほかゲームや買い物など特定のものに心を奪われ、自分ではコントロールができなくなる病気です。

回復には依存症に関する正しい知識を身に付け、適切な対応をとっていくことが必要です。

依存症に関するご本人・ご家族からの相談について、専任の電話相談員がお話を伺います。

個人情報やお話の秘密は守られますので、安心してご相談ください。

受付時間:火曜日~金曜日

9時30分~11時30分、13時00分~15時30分

ひょうご・こうべ依存症対策センターについて

精神保健福祉サービスについて

役に立つ制度(精神障害者保健福祉手帳、自立支援医療(精神通院医療))

地域の社会資源

公的機関

  • 市町担当窓口
    • 精神障害者保健福祉手帳及び障害者自立支援医療の申請受付
    • 障害福祉サービスの利用に関する相談

(施設やホームヘルプ、グループホーム、ショートステイに利用の相談)

県内の精神科医療機関

県内の施設

就労・生活支援機関

その他の関連機関

2006年10月に「自殺対策基本法」が施行され、自殺対策に取り組むことが定められました。

研修会のご案内

平成30年度「こころの健康づくり講演会」のご案内

9月に予定していた講演会は台風のため延期となりましたが、このたび実施することとなりましたのでご案内します。

講演】「人の回復には、締め切りはありません~家族・当事者の経験を持つ精神科医から伝えたいこと~」

【講師】 やきつべの径診療所 夏苅郁子 氏(精神科医)

【対象者】 健康福祉事務所(保健所)及び市町自殺対策担当者、医療機関従事者などの支援者

※一般県民の方もご参加いただけます。・・・定員に達したため、申込受付を締め切りました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

平成30年度こころの健康づくり講演会チラシ(PDF:240KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部障害福祉局県精神保健福祉センター

電話:078-252-4980

FAX:078-252-4981