ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 精神保健福祉 > 新型コロナウイルス感染症に関するこころのケア

ここから本文です。

更新日:2020年11月19日

新型コロナウイルス感染症に関するこころのケア

兵庫県において実施している「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するこころの相談窓口」を以下にまとめています。

新型コロナウイルス感染症やその対策の影響を受け、不安やストレスを感じていらっしゃる方は、ひとりで抱え込まず、どうぞご相談ください。

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)検査で陽性の方・ご家族の皆様や、支援活動に携わる皆様等のご相談窓口です。

 

【令和2年11月1日より、開設時間を一部変更しております。】

「コロナを理由に突然会社を解雇された」「コロナの影響で収入が減り、家賃の支払いができない」等、新型コロナウイルス感染症に関する生活・労働問題に、弁護士等が対応します。

「派遣切り、雇止めにあった」「借金を返済しているのに残高が減らない」「消費者金融にたくさん借金をしている」等、解雇、多重債務、生活保護、家庭の問題事に、弁護士と精神保健福祉士が対応します。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部障害福祉局いのち対策室

電話:078-341-7711

内線:3076

FAX:078-362-3911

Eメール:inochitaisaku@pref.hyogo.lg.jp

※いのち対策室では、直接ご相談をお受けすることができません。お住いの地域の相談窓口をご利用ください。