ホーム > 暮らし・教育 > こども・若者・家庭 > 子育て・家庭 > まちの寺子屋活動事例

ここから本文です。

更新日:2017年11月8日

まちの寺子屋活動事例

網干片岡庄屋塾寺子屋教室(姫路市:代表者谷口道和)

主な活動内容

姫路市網干区新在家500番地片岡家(姫路市内最古級の古民家)で毎月第2、第4土曜日の午前9時30分~11時00分に実施

9時30分~10時30分の1時間

スタッフ11名の付き添いによる前年度(復習)の国語(読み書き)・算数(計算・文章問題)プリントの自主学習

10時30分~11時00分の30分間

集団学習(幼児と小学生合同で講師は外部及び選任スタッフ)、紙芝居、本の読み聞かせ、ツバメの巣観察、シャボン玉、折り紙、お手玉、あやとり、自由読書、合唱、手遊び、季節行事など

 

みんなであやとりをしています

「第215回寺子屋教室(あやとり)」の様子

ハロウィンに関係する英語遊びや折り紙をしています

「第216回寺子屋教室(ハロウィンに関係する英語遊びや折り紙)」の様子

お問い合わせ

部署名:企画県民部女性青少年局男女家庭課

電話:078-362-3169

FAX:078-362-3957

Eメール:danjokatei@pref.hyogo.lg.jp