ホーム > まちづくり・環境 > 都市計画・整備 > 景観形成 > 淡路エリア(14地区)

ここから本文です。

更新日:2019年11月21日

淡路エリア(14地区)

  1. マップ左上部のアイコンをクリックすると、地区一覧を表示します。
  2. 地区一覧又はマップ内の番号をクリックすると、写真などを表示します。
  3. 表示された写真下のアイコンをクリックすると、グーグルマップでルートを案内します。

    ※マップの下(画面をスクロールして下さい)には、市町別に写真、ビューポイントなどの情報を表示しています。

 

洲本市(3地区)

No.1

<ビューポイント>
成ヶ島成山山上広場の展望台

<見えるもの>
青い海に延びる砂州「淡路橋立」

<PRポイント>
成ヶ島は淡路島の由良港の沖に延びる細長い無人島です。島の北側にある山に登ると、龍のように延びる砂州が見えます。絶景なのに誰もいない(落ち着いた時間を過ごせる)ところがまた良いです。

この景観を見ることのできるビューポイント(外部サイトへリンク)

No.2

<ビューポイント>
洲本城跡の天守台

<見えるもの>
洲本の城下町と大浜海岸と先山

<PRポイント>
洲本市出身の朝比奈彩さんも大好きな景観スポット。海と空、まちなみをお殿様気分で見渡せる解放感あふれる風景。

(この景観を見ることのできるビューポイント(外部サイトへリンク)

No.3

<ビューポイント>
大浜海岸の砂浜

<見えるもの>
白砂青松の海岸

<PRポイント>
中心市街地から徒歩で5分。松並木と白砂が印象的な海岸です。

この景観を見ることのできるビューポイント(外部サイトへリンク)

南あわじ市(5地区)

No.4

<ビューポイント>
沼島散策周遊道路

<見えるもの>
国生み神話ゆかりの場所「上立神岩」

<PRポイント>
古事記の国生み神話を想像させる奇岩。イザナギ、イザナミの持つ鉾先から滴り落ちた水滴がそのまま固まったような形をしている。

この景観を見ることのできるビューポイント(外部サイトへリンク)

No.5

<ビューポイント>
大鳴門橋記念館の屋上展望台

<見えるもの>
大鳴門橋と鳴門海峡

<PRポイント>
おいしい創作料理を提供することでも有名な南あわじ市の絶景レストランのある大鳴門橋記念館から見える景観です。眼前に広がる四国へと延びる「阿波への路」は必見です。

この景観を見ることのできるビューポイント(外部サイトへリンク)

No.6

<ビューポイント>
大見山「若人の広場公園」

<見えるもの>
戦没学徒記念館記念塔と福良湾

<PRポイント>
見晴らしの良い「大見山」にある若人の広場公園。時季が合えば大鳴門橋に沈む夕日も眺められる。南淡路の観光名所が見渡せる。

この景観を見ることのできるビューポイント(外部サイトへリンク)

No.7

<ビューポイント>
大見山中腹の道路わき

<見えるもの>
阿万百軒堀地区の田園風景

<PRポイント>
海風を受けてタマネギ、レタスなどが育つほ場は、まるでパッチワークの様で、四季毎に模様を変えていきます。

この景観を見ることのできるビューポイント(外部サイトへリンク)

No.8

<ビューポイント>
上町公会堂北側の路地

<見えるもの>
石積み塀が特徴的なまちなみ

<PRポイント>
初めてここを訪ねたときは、どこか南国の世界に迷い込んだような感覚にとらわれました。阿万地区に散見されるこの石積み塀は、県内のどこにもない景観だと思います。

この景観を見ることのできるビューポイント(外部サイトへリンク)

 

淡路市(6地区)

No.9

<ビューポイント>
道の駅あわじの護岸施設付近

<見えるもの>
明石海峡大橋

<PRポイント>
晴れた日の青空と海の青、淡路島と神戸市を結ぶ明石海峡大橋の白、淡路島でしか味わえない絶景です。

この景観を見ることのできるビューポイント(外部サイトへリンク)

No.10

<ビューポイント>
あわじ花さじき「天空の花園」

<見えるもの>
花さじきと青い海と空

<PRポイント>
入り口からのなだらかな坂道を登りきったその瞬間、一気に眼下に広がる青い空と海!思わず、うわっーと叫びたくなります!

この景観を見ることのできるビューポイント(外部サイトへリンク)

No.11

<ビューポイント>
淡路夢舞台の百段苑

<見えるもの>
百段苑と大阪湾

<PRポイント>
淡路夢舞台から公園全体と大阪湾を見渡す感じで撮影してみました。

この景観を見ることのできるビューポイント(外部サイトへリンク)

No.12

<ビューポイント>
本圓寺付近の農道

<見えるもの>
播磨灘の夕焼けとそれを映す石田の棚田

<PRポイント>
元々淡路島西部の海岸沿いはサンセットラインと呼ばれ夕陽・夕焼けの名所です。石田の棚田から見下ろす夕焼けは田植えの時期には水面に映えて更に美しい風景となります。

この景観を見ることのできるビューポイント(外部サイトへリンク)

No.13

<ビューポイント>
淡路景観園芸学校の校舎屋上

<見えるもの>
自然と調和した淡路景観園芸学校

<PRポイント>
淡路景観園芸学校という学校でありながら、自由に見学が可能で景観を楽しめる場所です。まちの中では感じられない、自然と建築物の調和を感じ五感が研ぎ澄まされます。

この景観を見ることのできるビューポイント(外部サイトへリンク)

No.14

<ビューポイント>
江井郵便局付近

<見えるもの>
線香の匂いが香る古いまちなみ

<PRポイント>
海運で富をなした住田家があった江井地区は、幕末には淡路の富の7割があると言われました。被災して撤去されましたが、当時の名残が残っています。

この景観を見ることのできるビューポイント(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

部署名:県土整備部まちづくり局景観形成室

電話:078-362-9299

FAX:078-362-9487

Eメール:keikankesei@pref.hyogo.lg.jp