ホーム > 組織情報一覧 > 県土整備部 > 県土整備部 土木局 総合治水課

ここから本文です。

更新日:2017年10月12日

県土整備部 土木局 総合治水課

業務内容

「ひょうご・人と自然の川づくり基本理念・基本方針」と「総合治水条例」に基づき、従来からの「河川・下水道対策」に加え、校庭貯留等の「流域対策」、ハザードマップ作成等の「減災対策」を組み合わせた「総合治水」を推進します。また、県民の参画と協働を得ながら、「河川整備基本方針」や、河川の特性と地域の実情に応じた「河川整備計画」を策定します。さらに、美しい兵庫づくりを目指し、人と自然が共生する河川環境の整備・保全や、親水・景観などの河川空間機能の向上を図るため、河川環境に関する施策を推進します。

問い合わせ先

〒650-8567

神戸市中央区下山手通5-10-1(1号館9階)

班名

分掌事務

電話番号

FAX・E-mail

調整班

  1. 課内(武庫川総合治水室を含む)の庶務に関すること。
  2. 課内(武庫川総合治水室を含む)の予算、決算及び所掌事業の工事事務に係る連絡調整に関すること。
  3. 河川審議会の事務に関すること。
  4. 総合治水条例の推進に関すること(他班の所掌に属するものを除く)。
  5. 武庫川流域総合治水推進協議会、武庫川水系河川整備計画フォローアップ懇話会等の事務に関すること。
  6. 他の班に属さないこと。

078-362-9265

078-362-3942

chisui@pref.hyogo.lg.jp

 

計画班

  1. 河川整備基本方針、河川整備計画(武庫川水系を除く)に関すること。
  2. 総合治水条例に係る技術に関すること。
  3. 地域総合治水推進計画(阪神西部地域を除く)に関すること。
  4. 国の河川整備基本方針、河川整備計画等の調整に関すること。
  5. 河川審議会の運営に関すること(武庫川水系に関するものを除く)。
  6. 水防災意識社会再構築ビジョンに係る協議会に関すること。

078-362-3533

(調査環境担当)

 

 

 

 

 

 

 

  1. 地域の総合治水推進事業(武庫川流域を除く)に関すること。
  2. 洪水浸水想定区域に係る調査に関すること(武庫川流域を除く)。
  3. 河川の環境に係る調査に関すること。
  4. 河川の基礎データの調査整備に関すること。
  5. 河川の技術基準及び技術資料の整備に関すること。
  6. 大規模開発に係る調整池の協議に関すること。
  7. 都市計画等の協議に関すること。

078-362-9261

主要施策等

(1)「総合治水」の推進

「総合治水条例」に基づき、集中豪雨や局地的大雨による浸水被害を軽減するため、「河川下水道対策」「流域対策」「減災対策」をあわせて行う「総合治水」に県民総意で取り組みます。

 

(2)河川整備基本方針・河川整備計画の策定

県が管理する河川について、「河川整備基本方針」「河川整備計画」を策定しています。

「河川整備基本方針」では水系毎の長期的な河川整備の基本方針を定め、「河川整備計画」では河川整備基本方針に沿って、今後20年~30年の具体的・段階的な計画を定めます。

 

 

(3)水辺の環境づくりの推進

人と自然が共生する川づくりを推進するために、植生・魚類・底生動物の生息状況を把握し、貴重種などの保全に対する課題抽出を行う「ひょうごの川・自然環境調査」を、県下の主要な水系で実施しています。また、豊岡盆地内の円山川水系の各河川において、治水機能を確保しつつ、過去に損なわれた生態系や自然環境を取り戻し、種の多様性を保全・再生・創出するため、円山川水系自然再生計画に基づき、湿地の創出、河岸・河床の多自然化、河川と水田・水路の連続性確保等に取り組み、コウノトリと共生する川づくりを推進しています。

事業等の紹介、関連するページ