ホーム > 組織情報一覧 > 農政環境部 > 農政環境部 農政企画局 総合農政課

ここから本文です。

更新日:2018年6月20日

農政環境部 農政企画局 総合農政課

業務内容

農林水産業振興施策の総合的な企画・調整・推進や、農林水産業に係る試験研究の総合的計画的推進を行っています。
また、農業振興地域の整備に関する法律を施行しています。
このほか、農林漁業者と異業種との連携により県産農林水産物の新たな価値創造に取り組む、「農」イノベーションひょうごや農林水産業の6次産業化を推進しています。

問い合わせ先
〒650-8567
兵庫県神戸市中央区下山手通5丁目10番1号(1号館6階)

班名

分掌事務

電話番号

FAX・E-mail

農林水産政策班


  • 農林水産業・農山漁村の振興に係る総合的施策の企画・推進
  • ひょうご農林水産ビジョンの推進
  • 農林水産政策審議会の開催
  • TPP・WTO・FTA等への対応
  • 農業振興地域の整備に関する法律の施行に関すること
  • 農林業に係る土地利用の計画及び調整に関すること
  • 農林水産業の総合的学習の推進
  • 「農」イノベーションひょうごの企画調整に関すること
  • 農林水産業の6次産業化の推進に関すること

078-362-9193

 

 

 

 

 

 

 

 

078-362-9216

 

FAX:

078-362-4458

E-mail:

sougounousei@pref.hyogo.lg.jp

(研究調整担当)

  • 農林水産業に係る試験研究の総合的計画的推進
  • 県立農林水産技術総合センターに関すること
  • 県立農林水産技術総合センターの試験研究課題の評価に関すること

078-362-3424

 

主要施策等

1.総合的農林水産施策の推進

  1. ひょうご農林水産ビジョンの推進
    本県農林水産行政の基本方針、食と「農」に関する県民の行動指針として、「ひょうご農林水産ビジョン」を策定し、農林水産ビジョンの実現に向けた取り組みを展開しています。
    取り組み成果については、毎年度「ひょうごみどり白書」として公表し、県民の方にわかりやすく情報提供を行っています。
  2. 農業・農村の計画的土地利用の推進
    農地は、食料生産基盤としての役割や多面的機能の発揮を通じ、私たちの豊かな暮らしに寄与しています。農業振興地域制度の適正な運用を行うとともに、計画的な農業生産基盤の整備や担い手への農地の利用集積などにより、優良農地の維持・保全に努めています。

「農」とは

土を耕し、森を育て、豊かな海を守り、食料をはじめ人々の生活を支える様々なものを産み出す農林水産業の営み、その営みを通じた生物多様性などの環境保全や洪水防止、水源かん養等の多面的機能により県民の「いのち」と「くらし」を支えるもの。さらには、人々の生活の場である農山漁村とそこに育まれた伝統・文化、豊かで美しい景観など、広く農林水産業・農山漁村を捉えた概念。

 

2.「農」イノベーションひょうごの推進

「農」イノベーションひょうごの推進(外部サイトへリンク・別ウィンドウ)

農林漁業者と商工業、医療、福祉、観光など様々な分野の事業者、研究機関等との異業種連携によって、多様なマーケットニーズに応える県産農林水産物の生産や新たな加工品、サービスの開発等を支援し、県産農林水産物の新たな価値を創造する「『農』イノベーションひょうご」を推進しています。

3.農林水産業の6次産業化の推進

農林漁業者が、農林水産物の生産(1次)だけでなく、加工(2次)、流通・販売(3次)との一体化や地域資源を活用した新事業の創出により付加価値の向上を図り、農山漁村の雇用確保と所得向上を目指す6次産業化の取組を推進しています。

4.農林水産技術の開発・普及

  1. 県立農林水産技術総合センター
    県立農林水産技術総合センターは、兵庫県の農林水産振興施策の推進を支える試験研究機関として、「ひょうごの多様性と都市近郊の立地を活かした力強い農林水産業」を実現する技術開発や普及に取り組んでいます。
    「県立農林水産技術総合センター中期業務計画」に基づき、産地間競争の激化が予想される中で、本県農林水産業の競争力をさらに強化するための品質や生産性の向上、低コスト化のための技術開発と、生産者はもとより消費者である県民から求められている食の安全性確保と自然環境の保全・再生に資する技術開発に重点化を図っています。
  2. 試験研究機関における研究課題設定と評価
    県民のニーズを踏まえた研究を効率的にかつ実効的に実施するため、試験研究課題の設定、課題の評価を体系的に実施しています。

事業等の紹介、関連するページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。