ホーム > 暮らし・教育 > 生活 > 人権 > 新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

ここから本文です。

更新日:2020年6月11日

新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、感染された方々やその家族、濃厚接触者、医療従事者等に対する誹謗中傷やインターネット上での心ない書き込みなどが見受けられますが、不確かな情報や誤解に基づく不当な差別、偏見、いじめ等があってはなりません。
新型コロナウイルス感染症に関する正確な情報を入手し、人権侵害につながることのないよう、冷静な行動をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症に関する情報については、厚生労働省のホームページや兵庫県のホームページでお知らせしています。
また、不当な差別、いじめ等の人権問題についての相談は、法務省の人権擁護機関(法務局)で受け付けています。

新型コロナウイルス感染症に関する情報について

【厚生労働省ホームページ】(外部サイトへリンク)

【兵庫県ホームページ】

人権に関する相談窓口

法務省の人権擁護機関(法務局)では、新型コロナウイルス感染症に関連する不当な偏見、差別、いじめ等の被害に遭った方からの人権相談を受け付けています。

【法務省ホームページ】(外部サイトへリンク)

政府からのお知らせ(スポットCM)

「新型コロナウイルス対策6」篇

(政府インターネットテレビサイトへリンクしています。)

 

日本赤十字社からのお知らせ

 

お問い合わせ

部署名:健康福祉部社会福祉局人権推進課

電話:078-341-7711

FAX:078-362-4266

Eメール:jinkensuishin@pref.hyogo.lg.jp