ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 薬・献血 > 臍帯血バンクにご協力をお願いします

ここから本文です。

更新日:2019年1月28日

臍帯血バンクにご協力をお願いします

臍帯血ってなあに?

兵庫さい帯血バンクキャラクター「こころちゃん」

  • 胎盤とへその緒(臍帯)の中に含まれる血液が臍帯血です。
    その中には血液のもとになる細胞がたくさん含まれています。
  • 臍帯血は、その移植により難病の治療に役立ちます。
    臍帯血は、白血病などの血液の難病や重い遺伝病などの病気への移植治療に用いられます。
  • 赤ちゃんが元気に生まれることがいちばん大切です。
    臍帯血の採取は赤ちゃんにもママにも全く負担はありません。出産が終わった後に行われます。
  • プライバシーは保護されます。
    得られた情報は臍帯血バンクで責任をもって管理されます。

ご質問・お問い合わせは

造血幹細胞移植情報サービス(外部サイトへリンク)

日本赤十字社血液事業本部
東京都港区芝大門1-1-3
TEL:03-3437-7205(造血幹細胞管理課)
   03-6860-8195(造血幹細胞業務課)
FAX:03-3437-7745

特定非営利活動法人兵庫さい帯血バンク(外部サイトへリンク)

神戸市中央区脇浜海岸通1-4-5
TEL:078-221-0280
FAX:078-221-0282

兵庫さい帯血バンクについて

「臍帯血バンク」は臍帯血を白血病や遺伝病などの病気の治療に役立てるものです。兵庫さい帯血バンクは、平成26年4月に臍帯血供給事業者として厚生労働省より許可を得た公的臍帯血バンクです。

兵庫さい帯血バンクの移転・再開について

兵庫さい帯血バンクは、移転に伴い、平成30年9月から保存臍帯血の公開・受入れ調製事業等を一時休止していましたが、平成31年2月1日から事業を再開します。
詳しい情報については、上記ホームページ(外部サイトへリンク)を参照してください。

臍帯血についてのQ&A

Q1 なぜ臍帯血が大切なのですか?

A 臍帯血の中には赤血球、白血球、血小板などをつくり出す細胞がたくさん含まれています。そのため、骨髄と同じように移植し、治療に役立てることができます。

Q2 臍帯血はどのような病気の治療に用いられるのですか?

A 白血病などの血液の病気や、生まれつき免疫や代謝がうまく機能しない病気などの治療に用いられます。

Q3 提供した臍帯血はどうなるのですか?

A 必要な諸検査の後、基準を満たした血液の細胞処理を行い液体窒素(-196℃)の中で冷凍保存されます。そして移植を必要とする患者さんが現れたときに解凍して、すぐに用いられます。細胞数が少ない場合は妊婦さんの同意をいただいて再生医療のための研究に使わせていただいてます。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局薬務課

電話:078-362-3268

FAX:078-362-4713

Eメール:yakumuka@pref.hyogo.lg.jp