ホーム > しごと・産業 > 科学技術・情報 > 情報通信・IT > 三木総合防災公園におけるスポーツ施設・スポーツ分野の課題解決に向けたローカル5G等の活用による実証実験について

ここから本文です。

更新日:2021年7月1日

三木総合防災公園におけるスポーツ施設・スポーツ分野の課題解決に向けたローカル5G等の活用による実証実験について

兵庫県では、ポストコロナ時代に向けて、ICTを活用した遠隔競技力分析システムや遠隔指導システム、遠隔観戦システムなど、新たなスポーツの指導方法や楽しみ方等を企業等と研究開発し、三木総合防災公園をフィールドに計10件の実証実験に取り組んでいます。

実証実験の全体像

実証期間

令和3年6月28日~令和4年3月15日

実証フィールド

兵庫県立三木総合防災公園 全域
(陸上競技場、ビーンズドーム、第3球技場、グラウンドゴルフ場、ランニングエリア)

実証協力企業等(50音順)

兵庫県と以下9者の共創により実施します。
(株)アシックス、(株)インパクト、(株)NTTSportict、大阪大学大学院医学系研究科、兵庫県サッカー協会、兵庫県テニス協会、兵庫県立大学、西日本電信電話(株)、富士通Japan(株)

実証内容

10件の実証実験を実施します。詳細は、こちらの資料(PDF:165KB)をご覧ください。

このうち、AIカメラを活用したコーチングの高度化、AIカメラを活用した新たな観戦システムの実証実験については、6月28日より着手しています。詳細は、こちらの資料(PDF:208KB)をご覧ください。
観戦システムに関する試合映像は、以下のページでご覧いただけます。
(三木防災公園AIカメラ映像視聴ページ)
https://mikisougou.nttsportict.co.jp/(外部サイトへリンク)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部科学情報局情報政策課

電話:078-362-9013

FAX:078-362-3931

Eメール:johoseisaku@pref.hyogo.lg.jp