ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 感染症 > 兵庫県新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業(医療分)にかかる申請受付について

ここから本文です。

更新日:2020年12月4日

兵庫県新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業(医療分)にかかる申請受付について

1 慰労金の概要

【注意事項】
  1. 同一人物による複数施設での申請(重複申請)が多発しています。慰労金は施設単位で申請・給付が行われるため、お一人でも重複申請が判明すると、その審査等に時間を要することから、施設全体への給付の遅延又は再申請となる場合があります。個人からの委任状徴収の際に、他施設での勤務実績の把握を確実に行って頂き、重複申請とならないよう、ご注意・ご協力のほど、よろしくお願いします。
  2. 対象施設Cの申請に必要な「確認項目表」について、未提出である施設が多数発生しています。未提出の場合、慰労金の給付が不可となりますので、ご注意願います。(詳しくは申請マニュアルP18をご参照ください)
  3. 慰労金(医療従事者分)の申請受付期日は、令和3年1月31日(日曜日)(※郵送の場合は必着)までであり、期日までの申請に、ご協力お願いします。
  4. 紙での申請をされる場合の提出先は、兵庫県国民健康保険団体連合会(国保連)です。兵庫県新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業事務局宛てに誤って提出されている施設が多数発生しておりますので、ご注意願います。(「2 慰労金交付事業の流れ」、「3 申請方法等」をご参照ください。)

趣旨

医療機関の医療従事者や職員は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止・収束に向けてウイルスに立ち向かい、

  1. 感染すると重症化するリスクが高い患者との接触を伴うこと
  2. 継続して提供することが必要な業務であること
  3. 医療機関での集団感染の発生状況

から相当程度心身に負担がかかる中、強い使命感を持って、業務に従事していることに対し、慰労金を給付します。

支給対象施設・者、単価

区分

対象施設・者

慰労金単価

対象施設※4

A

県から役割を設定され、実際に新型コロナウイルス患者等を受入れた施設(宿泊療養施設含む)

20万円※1

B

県から役割を設定されたが、実際に新型コロナウイルス患者等の受入れがなかった施設

10万円

C

感染症対策に一定の役割を担ったとして以下の要件を満たす施設

5万円※2

対象者

上記の医療機関等に、対象期間(3月1日※3~6月30日)中に10日以上勤務し、患者と接する従事者(☆国基準により判断)

 

  1. 実際に新型コロナウイルス感染症患者に初めて診療等を行った日以降に勤務していない場合は10万円
  2. 実際に新型コロナウイルス感染症患者の入院患者を受け入れている場合は20万円
    (ただし、実際に初めて新型コロナウイルス感染症患者に対して入院診療等を行った日以降に勤務していない医療従事者等は5万円)
  3. 兵庫県内における新型コロナウイルス感染症患者1例目発生日
  4. 保健医療機関でない病院や診療所、指定訪問看護事業所でない訪問看護ステーションは対象外

【感染症対策に一定の役割を担った施設】

上記対象施設Cについては、以下のいずれかに該当する医療機関に対し慰労金(5万円)を支給

この区分に該当する医療機関等は、慰労金の申請書と併せて、「確認項目表」の提出が必要です。

区分

説明

(1)

2次救急輪番等を代替

新型コロナウイルス感染症患者等への対応のため、本来業務である救急患者の受け入れを制限した2次救急医療機関等を補完した医療機関

(2)

その他救急・急患に対応

(1)以外での救急医療や、休日夜間等において、疑い患者等の急患への対応を実施した医療機関

例)救急告示医療機関、初期救急医療機関、在宅医療機関等

(3)

疑い患者に対応

発熱や咳等の症状が継続している等の疑い症例を有する患者への診療を実施し、必要な対応を行った医療機関等

例)内科、小児科、耳鼻いんこう科等を標榜した医療機関及び訪問看護ステーション

(4)

飛沫感染等の

リスクへの対応

飛沫感染等による感染リスクが高い中、患者への診療を実施した医療機関等

例)歯科、(分娩を行う)産婦人科・産科を標榜した医療機関及び助産所

(5)

感染症対策を実施

患者等に帰国者・接触者相談センター等への相談等の指導や感染症拡大防止に資する普及啓発(直接指導、リーフレット配布やポスター掲示等)を行った医療機関等

 

2 慰労金交付事業の流れ

【慰労金事業スキーム】

  1. 医療機関等が、対象となる医療従事者等を特定し、慰労金の代理申請・受領の委任状を回収
  2. 医療機関等が申請書を作成し、兵庫県国民健康保険団体連合会(以下「国保連」という。)に提出
  3. 国保連が兵庫県に申請書を提出
  4. 兵庫県が申請内容を確認後、国保連に慰労金を交付
  5. 国保連が、医療機関等に慰労金を支給
  6. 医療機関等が、対象となる医療従事者等に慰労金を給付
  7. 医療機関等は、慰労金の給付終了後、概ね1か月以内に、兵庫県に実績報告書を提出

3 申請方法等

申請方法

申請書、給付対象者一覧表をご作成いただき、原則、国保連の「オンライン請求システム」(医療機関等が毎月の診療報酬請求事務で使用しているシステム)により申請してください。

「オンライン請求システム」未導入の医療機関等は、本事業専用の「WEB申請受付システム(兵庫県国民健康保険連合会HP(外部サイトへリンク)よりアクセス)」により申請してください。

詳細は、以下の申請マニュアルをご確認下さい。

上記の電子申請でなく、紙やCD-R(※)などによる国保連への申請は、事務処理の都合上、電子申請に比べ支払が遅れることが予想されます。

電子申請にご理解・ご協力いただきますようお願いします。

慰労金と診療報酬の請求データを合わせて格納した1枚のCD-R等では、決して提出しないで下さい。(慰労金申請データの確認ができず、提出がないものとして取り扱われます。)

【申請作業フロー図】

慰労金申請スキーム図

 

申請様式・申請マニュアル

  • (1)「新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業」医療機関等の申請マニュアル・・・ダウンロードはこちら(PDF:1,829KB)
    • ご入力の前に必ずマニュアルをお読み下さい。
  • (2)「申請書等(エクセルファイル)」・・・ダウンロードはこちら(ZIP:6,522KB)
    • ダウンロードしたファイルを開いた際に、上部に「セキュリティの警告」と表示された場合、必ず「コンテンツの有効化」をクリックしてください。
    • 入力後に「提出用ファイル出力」を行う前に、必ず、一旦パソコンにファイルを保存して下さい。
  • (3)「確認項目表」・・・兵庫県電子申請システムにより提出。(こちら(外部サイトへリンク)より)
    • 施設対象区分C(5万円)に該当する医療機関等のみ提出が必要です。

紙での申請を希望される方

原則として、兵庫県国民健康保険団体連合会を通じて、オンライン請求システム、Web申請システム等を利用し、請求していただくこととしておりますが、それらの方法がどうしても困難である方は、以下の様式をご利用ください。

※ただし、紙申請の場合は、審査に時間を要することから慰労金の給付まで相当時間を要する可能性があります。ご了承ください。
また、申請書を手書きされる際は、楷書で丁寧に記載いただきますようお願いします。

申請受付期日

毎月15日以降~月末日【最終:令和3年1月31日(日曜日)まで】

本申請受付業務の受託先である国保連の診療報酬提出時期と重ならないようにするため、申請の受付は毎月15日から月末までの間となります。

したがって、毎月1日から14日までは受付ができない期間になりますので、ご注意ください。

※申請したものを取消したい場合は、こちら(PDF:78KB)

※申請後、国保連に登録されている口座情報の不備等により、国保連経由での支払が不可な場合があります。

その際は、本県より連絡しますので、「口座番号登録票(再送用)」を事務局まで送付願います。こちら(エクセル:17KB)

4 交付決定・給付・実績報告書・精算

慰労金の交付決定

申請書について、兵庫県において内容を確認します。

交付の決定が行われた場合、兵庫県から医療機関等に交付決定通知を送付します。

医療機関等への慰労金等の振込み

医療機関等への慰労金等の振込みは、原則として、国保連から行われます。診療報酬の振込用に登録されている医療機関等の口座に慰労金等が振り込まれます。

国保連に登録されている医療機関等の口座が債権譲渡されている場合など、国保連から振込みを行えない医療機関等については、兵庫県において、「様式第1号医療機関等情報」に記載された口座に慰労金等の振込みを行います。

なお、医療機関等への慰労金等の振込みは、最速で、国保連における申請書等の受付の翌月末となる予定です。

(紙やCD-Rなどによる申請の場合は、翌々月末払いとなる場合があります。)

医療従事者等への慰労金給付の実施

慰労金が振り込まれた医療機関等は、医療従事者等に慰労金の給付を行ってください。給付は銀行振込みでも現金による給付でも差し支えありませんが、本慰労金は非課税の給付となりますので、給付にあたっては、誤って源泉徴収することのないよう、十分注意してください。

慰労金は、所得税法の非課税規定に基づき、非課税所得に該当します。また、令和2年度ひとり親世帯臨時特別給付金等に係る差押禁止等に関する法律に基づき、受給権について、譲り渡し、担保に供し、又は差し押さえることが禁止され、支給を受けた金銭についても、差し押さえることが禁止されています。

実績報告書の提出

慰労金の給付完了後、実績報告書を提出いただきます。【医療機関等⇒県】

医療機関等は、委託会社等の医療従事者等を含めて、医療従事者等への慰労金の給付が終わった後、概ね1か月程度のうちに、兵庫県に対して、慰労金の給付実績をご報告ください。(※1)

医療従事者等一人一人(施設の管理者(院長など)も含めて全員)に申請額と同額の慰労金が給付されていることが確認できる書類、要した振込手数料が確認できる書類(※2)を添えて、県に提出してください。

 ※1 個別申請者においては、実績報告書の提出は不要です。

 ※2 銀行振込の場合は、ファームバンキングの振込記録、現金での受け渡しの場合は、自署又は押印された受理簿など

提出様式

実績報告書様式(第7号及び8号)/記載例(Excelデータはこちら(エクセル:35KB)/PDFデータはこちら(PDF:205KB)

実績報告書別添(参考様式)はこちら(エクセル:18KB)

※様式第7号及び8号は申請書ファイル内に含まれる様式と同じですので、申請書ファイルのものを提出いただいても構いません。

 なお、その際は、交付決定通知書に記載している「申請管理番号」を様式第7号及び様式第8号の余白へ手書きにて記載いただきますようお願いします。

※別添(参考様式)は、「医療従事者等一人一人に申請額と同額の慰労金が給付されていることが確認できる書類」として利用できる参考様式です。

※要した振込手数料が確認できる書類は別途提出が必要です。

提出時期

医療従事者等への慰労金の給付が完了した日から概ね1ヶ月以内

ただし、複数回に分けて申請を行った場合は、その申請ごとに実績報告をして下さい

提出方法

下記の提出先に郵送により提出してください。

〒651-8769(住所記載不要)

兵庫県新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業事務局

※必ず紙で印刷したものを、「レターパックライト」で郵送してください。

※レターパックに「医療慰労金:実績報告書提出」と大きく朱書きしてください。

参考:返還について

精算の結果、返還の必要が生じた場合の手続きについては、実績報告の受付後に別途ご連絡します。

なお、県からの連絡により、事前に返還の申立てを行って頂く場合があります。(こちら(ワード:17KB)

5 その他

個人情報等の取扱いに関して

本事業のために新たに入手・共有された情報は本事業のみに用い、その他の目的で使用されることはありません。

よくあるお問い合わせ

Q1 個人での申請は可能ですか。

原則、勤務先の医療機関等が代理申請・受領していただきます。

Q2 交付要件を満たす複数の医療機関等に勤務した場合、慰労金を複数回受給できますか。

複数の医療機関等を通して重複申請することはできません。いずれかの医療機関等で申請を行ってください。

Q3 1回の申請で全ての医療従事者等を取りまとめるのが難しい場合、複数回に分けて申請することは可能ですか。

迅速な事務手続きのため、申請は原則1回でお願いします。なお、複数回での申請とせざるをえない事情がある場合は、事前に県問い合わせ先までご連絡いただきますよう、お願いいたします。

Q4 申請から振込みまでどのくらいかかりますか。

申請内容に問題がなければ、申請月の翌月末には各医療機関等に振込みを行う予定ですが、申請状況により変わる可能性があります。

Q5 医療機関等から医療従事者等への慰労金の振込期限の指定等はありますか。

特に期限はありませんが、出来る限り迅速に医療従事者等に振り込んでいただきますようお願いします。

Q6 「患者」とは、新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者を含む)に限定されるのでしょうか。

新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者を含む)に限らず、他の疾病による患者も含まれます。

Q7 対象となる「医療従事者や職員」には、非正規やパート、派遣労働者等、雇用形態により限定されるのでしょうか。

資格や職種による限定はなく、雇用形態等による限定はありません。

Q8 医療機関等内のコンビニエンスストアやレストランなど、賃貸借契約による場所貸しとして営業する事業者で働く場合は対象となるのでしょうか。

対象外となります。

Q9 「10日以上勤務」の1日の数え方はどのようになるのでしょうか。

勤務日数については、1日当たりの勤務時間数は問わずに数えてください。また、当直勤務などで日をまたぐ場合は2日と数えてください。複数の医療機関等で勤務されている場合は、勤務日数を通算してください。

Q10 薬局での勤務は対象となるのでしょうか?

院外薬局では対象外となります。

Q11 鍼灸・あん摩マッサージ、柔道整復師等の施術所での勤務は対象となるのでしょうか?

対象外となります。

Q12 確認項目表は全ての医療機関等が提出しなければならないのでしょうか?

施設対象区分C(5万円)に該当する医療機関等のみ提出が必要です。

なお、原則「兵庫県電子申請システム」により提出してください。

お問い合わせ先

お問い合わせの前に、一度、申請マニュアル及び「よくあるお問い合わせ」をご確認いただき、それでもご不明な点がある場合にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

なお、新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金事業については、兵庫県庁舎等での対面での相談はお受けしていません。

恐れ入りますが、ご来庁されましても、ご対応はしかねますので、あらかじめご了承ください。

新型コロナウイルス緊急包括支援交付金制度に関するお問い合わせ

厚生労働省医政局新型コロナ緊急包括支援交付金コールセンター

  • 電話番号:0120-786-577
  • 受付時間:平日9時30分から18時まで

制度内容(交付対象、交付額、申請様式への入力方法等)に関するお問い合わせ

兵庫県新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業事務局

電話:078-362-3056 (受付時間:平日午前9時~午後5時、土日祝日は除く)

オンライン請求システム又はWEB申請受付システムに関するお問い合わせ

それぞれのシステム画面に連絡先がございますので、ご確認ください。

本慰労金を装った詐欺にご注意ください

兵庫県から現金自動預払機(ATM)の操作をお願いしたり、キャッシュカードの暗証番号を聞くことは絶対にありません。
また、慰労金給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。
その他、不審なメールや電話等あれば、最寄りの警察署にご相談ください。

関係通知等

兵庫県

兵庫県新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金(医療分)交付事業の実施について(PDF:85KB)

兵庫県新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業に係る慰労金交付要綱(PDF:109KB)

兵庫県新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金(医療分)交付要領(PDF:131KB)

厚生労働省

事業概要(外部サイトへリンク)

パンフレット(外部サイトへリンク)

新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(医療分)のうち新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業の実施について(外部サイトへリンク)

新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業に関するQ&A(第6版)について<慰労金部分抜粋>(外部サイトへリンク)

新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(医療分)の実施に当たっての取扱いについて(外部サイトへリンク)

新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(医療分)の実施について(外部サイトへリンク)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

兵庫県新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業事務局