ホーム > 食・農林水産 > 食と農 > 食の安全・安心 > 農薬の安全・適正な使用について

更新日:2022年7月14日

ここから本文です。

農薬の安全・適正な使用について

農薬使用者は、農薬取締法により次項の4つの安全を確保する責務が課せられています。

  1. 使用する人の安全
  2. 農作物に対する安全
  3. 農産物に対する安全
  4. 環境に対する安全

 

農薬使用者は、上記4つの安全を確保するために、(1)防除計画の策定、(2)適期防除、(3)登録農薬の使用、(4)農薬ラベル表示事項の遵守、(5)防除実績の記帳、(6)周辺食用農作物生産者との連携・農薬飛散低減、(7)周辺環境や周辺住居等への配慮を心がけてください。

農薬販売者は、自ら農薬の安全・適正使用に努めるとともに、農薬使用者への適正な使用の推進をお願いします。

夏季は農作物等に病害虫が発生しやすく、農薬を使用する機会が多くなります。

兵庫県では、上記のことを徹底し、農薬による事故等を防止するため、令和4年6月1日から8月31日に農薬危害防止運動を実施します。

関連資料を参照し、農薬に係わる各人が正しい知識のもと、適正に使用するよう心がけてください。

 

お問い合わせ

部署名:農林水産部 農業改良課

電話:078-362-3421

FAX:078-341-7733

Eメール:nogyokairyo@pref.hyogo.lg.jp