ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 感染症 > 今冬のインフルエンザ流行に備えた外来・検査体制について(発熱等診療・検査医療機関の指定について)

ここから本文です。

更新日:2020年10月19日

今冬のインフルエンザ流行に備えた外来・検査体制について(発熱等診療・検査医療機関の指定について)

今年の秋以降、季節性インフルエンザと新型コロナウイルス感染症の同時流行が懸念されていますが、県では、地域において、県民が安心して受診できるよう、「発熱等診療・検査医療機関」の指定を進め、発熱等の症状のある患者に対して、適切な診療・検査を提供する体制を整備します。

1.発熱等診療・検査医療機関とは

発熱患者等に対して季節性インフルエンザと新型コロナウイルス感染症の診療・検査を行う医療機関のことで、県では、必要な検査体制が確保され、感染防止対策が講じられている医療機関を「発熱等診療・検査医療機関」として指定します。

2.発熱等診療・検査医療機関の指定について

(1)申請方法

指定を希望される場合は、下記の提出資料を作成のうえ、下記(3)の申請提出方法によりご提出ください。

発熱等診療・検査医療機関指定申請書(エクセル:17KB)
発熱等診療・検査医療機関の指定について(別紙1)(エクセル:22KB)(10月14日様式更新)旧様式もご利用いただけます。
発熱等診療・検査医療機関の指定について(申し入れ)(別紙2)(ワード:23KB)

(2)申請期間(第1次指定分)

令和2年10月20日(火曜日)厳守

上記締切は、国への補助金申請(インフルエンザ流行期に備えた発熱患者の外来診療・検査体制確保事業)の提出期限が10月30日のため、補助金申請に必要な指定通知書をお手元に届ける期間を考慮して設定したものです。

第2次指定は、10月21日(水曜日)以降の提出分について随時行います。

(3)申請提出方法

上記(1)申請方法にて作成いただいた提出資料を電子ファイル又はFAXにて兵庫県感染症対策課まで直接ご提出ください(押印は不要です)。

※できる限り電子ファイルにてご提出いただきますようお願いします。

【電子ファイル提出先(e-mail)】

兵庫県感染症対策課あて:kansentaisaku@pref.hyogo.lg.jp

【FAX番号】
078-362-9474

3.発熱等診療・検査医療機関への支援について

01.発熱等診療・検査医療機関設備整備補助事業補助金(県)

発熱等診療・検査医療機関の設備整備に必要な次の(1)~(4)に係る経費を補助します。
(帰国者接触者外来等として既に補助を受けている場合は対象外となります。)

  • (1)HEPAフィルター付空気清浄機(陰圧対応可能なものに限る)
  • (2)HEPAフィルター付パーテーション
  • (3)簡易ベッド
  • (4)簡易診療室及び付帯する備品

※現在準備中です(準備が整い次第、兵庫県ホームページに様式等を掲載します)。

02.発熱外来検査体制確保支援事業補助金(国直接執行)

(1)補助の目的

県から指定を受けた発熱等診療・検査医療機関が、発熱患者等専用の診療室を設けた上で、発熱患者等を受け入れる体制をとった場合に、外来診療・検査体制確保に要する費用を補助します。

(2)補助事業に関するお問い合わせ先

厚生労働省医療提供体制支援補助金コールセンター
電話番号:0120-336-933

厚生労働省ホームページはこちら(外部サイトへリンク)

(3)申請方法

申請書類および添付書類を作成のうえ、下記書類提出先へと郵送にてご送付ください。

【書類提出先】
〒100-8779 銀座郵便局留
100-8916 厚生労働省発熱外来診療体制確保支援事業担当宛

(4)申請期限

締切日:令和2年10月30日(金曜日)

(5)交付要綱および申請様式(参考/10月9日更新)

【案内文】

令和2年度インフルエンザ流行期における発熱外来診療体制確保支援事業のご案内(PDF:1,529KB)

【交付要綱】
令和2年度インフルエンザ流行期における発熱外来診療体制確保支援補助金
(インフルエンザ流行期に備えた発熱患者の外来診療・検査体制確保事業)の交付について(PDF:4,002KB)

【申請様式(10月14日更新)】
令和2年度インフルエンザ流行期における発熱外来診療体制確保支援補助金
(インフルエンザ流行期に備えた発熱患者の外来診療・検査体制確保事業)交付申請書(エクセル:108KB)

【開設時間整理表】

開設時間受診者整理表(エクセル:37KB)

 

03.新型コロナウイルス感染症対応医療機関労災給付上乗せ補償保険加入支援事業補助金(国直接執行)

(1)補助の目的

新型コロナウイルス感染症への対応を行う医療機関において、勤務する医療資格者が感染した際に労災給付の上乗せ補償を行う民間保険(休業補償+死亡・障害補償※)に加入した場合に、保険料の一部を補助します。

(2)補助事業に関するお問い合わせ先

厚生労働省医療提供体制支援補助金コールセンター
電話番号:0120-336-933

厚生労働省ホームページはこちら(外部サイトへリンク)

(3)申請方法

申請書類および添付書類を作成のうえ、下記書類提出先へと郵送にてご送付ください。

【書類提出先】
〒100-8779 銀座郵便局留
100-8916 厚生労働省労災給付上乗せ補償保険加入支援事業担当宛

(4)申請期限

締切日:令和3年2月26日(金曜日)

(5)交付要綱及び申請様式(参考)

【交付要綱】
令和2年度新型コロナウイルス感染症対応医療機関労災給付上乗せ補償保険加入支援事業補助金の交付について(PDF:168KB)

【申請様式】
令和2年度新型コロナウイルス感染症対応医療機関労災給付上乗せ補償保険加入支援事業補助金の交付申請書(エクセル:47KB)

 

04.個人防護具の配布(国・県)

発熱等診療・検査医療機関に対して、診療に必要な医療用物資(サージカルマスク、フェイスシールド、長袖ガウン、手袋)を国または県から配布します。詳細についてはお問い合わせください。

個人防護具の配布に関するお問い合わせ先

兵庫県健康福祉部健康局薬務課

電話:078-341-7711(内線3309)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部感染症等対策室感染症対策課

電話:078-341-7711(内線3193、3194)

FAX:078-362-9474

Eメール:kansentaisaku@pref.hyogo.lg.jp