兵庫県/農政環境部 農林水産局 治山課

ホーム > 組織情報一覧 > 農政環境部 > 農政環境部 農林水産局 治山課

ここから本文です。

更新日:2018年8月1日

農政環境部 農林水産局 治山課

業務内容

山崩れや土石流、地すべり等の山地災害から県民の安全で安心な暮らしを守るため、治山ダム等の設置や森林の有する土砂崩壊防止等の防災機能を高めるための間伐等の森林整備、減災対策としてハザードマップの公表や山地防災研修の開催等を行っています。

また、伐採、木材の搬出、植栽、下刈、間伐等が円滑に進み、資源循環型林業を構築する為の基盤として林道の整備を行っています。

問い合わせ先

〒650-8567

兵庫県神戸市中央区下山手通5-10-1(1号館9階)

班名

分掌事務

電話番号

FAX・E-mail

計画班

  1. 治山・林道事業にかかる各種調査、調整に関すること
  2. 森林土木積算基準、積算に関すること
  3. 里山防災林整備に関すること

078-362-3471

078-362-3952

chisanka@pref.hyogo.lg.jp

治山林道班

 

  1. 治山事業に関すること
  2. 地すべり防止に関すること
  3. 林道事業に関すること

078-362-3469

主要施策等

  1. 治山事業の推進
    近年、局地的に記録的な豪雨が発生する頻度が高まっており、山地災害があらゆる所で発生しやすい状況にあります。このため、兵庫県では、山地災害から県民の生命・財産を守るため、山腹崩壊地の復旧や荒廃した渓流への治山ダム等の設置、森林の有する土砂の崩壊・流出防止機能等が低下した森林への森林整備の実施などに取り組んでいます。
    特に、土石流や流木災害から人家等への被害を軽減するため、平成26年度から「第2次山地防災・土砂災害対策5箇年計画」(平成26年~30年)に基づき、治山ダムの重点整備を行っています。
  2. 林道事業の推進
    林道は、大型トラックなどが通行できる車道で、木材の運搬や森林整備に従事する作業員の通勤にも利用される等、森林の適正な維持・管理に必要な施設です。また、山村地域の生活基盤、森林レクリエーションへの利用などに重要な役割を果たしています。
    このため、兵庫県では、平成26年度から「新ひょうご林内路網1000km整備プラン」に基づいて、林道や作業道の整備に取り組み、スギ、ヒノキ人工林の多い但馬地域や播磨地域を中心に、林内路網の骨格となる林道22路線約400kmの整備を行っています。
    また、林道を利用して、効率的に木材の搬出を進めるため、路網拠点整備として、林道から作業道に接続する支線林道や木材をトラックに積み込む集積土場の整備を行っています。
  3. 山地災害に備えた減災対策の推進
    山地災害の発生に備えて、ホームページ(CGハザードマップ 地域の風水害対策情報)などを通じて、県民の避難行動に役立つ山地災害危険地区情報の提供や防災知識の普及・啓発を進めるため、山地防災研修や広報活動などを行っています。また、毎年6月を豊かなむらを災害から守る月間と定め、治山施設の点検や防災パトロールを実施しています。
  4. 里山防災林整備の推進
    集落裏山の里山林において、人家への倒木の恐れのある危険木伐採や荒廃した森林の整備、土砂流出を防止する丸太柵工等の簡易な防災施設の設置を行い、「災害に強い森づくり」を進めています。

事業等の紹介、関連するページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部農林水産局治山課

電話:078-362-3471

FAX:078-362-3952

Eメール:chisanka@pref.hyogo.lg.jp