ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 淡路県民局

淡路県民局

花さじき

あわじ花さじき(淡路市)

ここから本文です。

局長メッセージ

局長(H30.11)

「世界一魅力ある島」を目指して

年間1,300万人の観光客で賑わう淡路島。でも、インバウンド客で賑わう対岸の大阪にくらべて海外からのお客様はまだまだ少なく、大いなる伸びしろが残っています。
淡路島の強みである「食」「文化」「自然」に磨きをかければ、「世界一魅力ある島」とすることができます。
第1に「食」。
人口18万人の街、スペイン サン・セバスチャンはたった10数年で世界一の美食の街に生まれ変わりました。天才シェフが斬新な創作料理レシピをシェアして若いシェフを育て、料理大学までつくり調理法にも研究を重ねた結果です。今では、世界トップ10のレストランが2軒、居酒屋で食べるつまみも抜群に美味しい、美食を求める世界中からの観光客で賑わう街です。
人口13万人の淡路島は、古来、御食国と呼ばれた食材の宝庫。農水産業と飲食業、観光業、メディアの連携もすばらしく、食の専門職大学も検討中です。淡路島を「世界一の美食の島」にする条件は全て揃っています。
第2に「文化」。
淡路人形浄瑠璃は昨年秋のパリ公演で大好評を得ました。世界的な観光ガイド、ミシュラングリーンガイドの二ツ星を獲得するなど観光資源としては世界クラスです。日本で最初の神社、伊弉諾神宮もあります。いずれも世界に誇る文化遺産です。外国人にもわかる「見せ方」により、もっと沢山の方がこれらを目的に来島されることでしょう。
第3に「自然」。
鳴門海峡の渦潮は世界遺産登録を目指しています。国営明石海峡公園やあわじ花さじきなど「花の島」としても有名です。豊かな自然の島は、サイクリストの聖地にもなっています。
小さな島に世界クラスの「食」「文化」「自然」の魅力が詰まっています。それぞれをさらに進化させ、「世界一魅力ある島」を目指します。

淡路県民局長 吉村 文章

局長メッセージ(平成30年度)

局長メッセージ(平成29年度)

平成30年度淡路地域経営プログラム

新着情報

トピックス

兵庫県洲本総合庁舎(淡路県民局)への自動販売機の設置事業者公募について

淡路地域ふるさと求人情報について

「淡路島サイクリングマップ」発行について

平成30年度淡路地域経営プログラム

求職者のための企業情報BOOK淡路島~食と自然と文化の島で働こう!!~

個人事業税の納税は、簡単・便利な口座振替をご利用ください

ふるさとJOBフェアin淡路島