ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 淡路県民局

淡路県民局

花さじき

あわじ花さじき(淡路市)

ここから本文です。

局長メッセージ

高見局長

いよいよ寒くなってきました。
1月17日で阪神・淡路大震災から25年です。淡路島も、62名の方が犠牲になるなど、大きな被害を受けました。震災を経験していない島民が増えるなか、その教訓をどう伝え、次に備えるのかが淡路島の大きな課題の一つです。
淡路島は、昭和南海地震、阪神・淡路大震災、淡路島地震と、ほんと70年ほどの間に3回も大きな被害地震に見舞われています。こんなに頻繁に地震に襲われる地域は珍しいんじゃないでしょうか。
30年以内の発生率が80%と言われている南海トラフ地震はもちろんのこと、それまでに別の地震が発生する可能性もゼロではありません。自分が「危ない地域に住んでいる」と考えて、常日頃から備えておくことが大切です。

少し淡路島の宣伝もしておきましょう。
冬と言えば、淡路島3年とらふぐの季節!淡路島の温泉で癒やされた後は、おいしい料理をお楽しみください!ちょっと意外なのは、冬にイチゴ狩りシーズンを迎えることです。早いところでは11月から始まるんです。冬の淡路島は「いちごの島」なんですよ。
淡路島といえば花の島として有名ですけど、実は冬でも花がいっぱい。1月からは黒岩灘水仙郷で500万本のスイセンを楽しめるほか、洲本市民広場を中心に、1万本を超えるチューリップが咲き誇る「冬咲きチューリップショー」も予定されてます。
また、ライトアップが美しいのも淡路の見所の一つ。澄んだ冬の大気を通して、淡路夢舞台、ハイウェイオアシスや明石海峡大橋の光のショーを楽しみましょう。

淡路島だけ危ないんじゃないんです。日本全国、地震のリスクのない地域なんてないんですよ。
それならこの冬は、淡路島で楽しみましょう!

 

              淡路県民局長 高見 隆

 

 

局長メッセージ

2019年度淡路地域経営プログラム

新着情報

トピックス

淡路地域ふるさと求人情報について

「淡路島サイクリングマップ」発行について

2019年度淡路地域経営プログラム

求職者のための企業情報BOOK淡路島~食と自然と文化の島で働こう!!~

「税を考える週間」の取り組みをご紹介します!

ふるさとJOBフェアin淡路島

ストップ滞納!!12月は税の徴収強化月間です!