ホーム > 組織情報一覧 > 西播磨県民局 光都農業改良普及センター

ここから本文です。

更新日:2020年5月22日

西播磨県民局 光都農業改良普及センター

業務内容

農業の生産性や農作物の品質向上のための技術支援、効率的・安定的な農業経営のための支援などを関係機関との連携・協力のもとで行っています。

問い合わせ先

〒678-1205

赤穂郡上郡町光都2-25 兵庫県西播磨総合庁舎1階

課名

分掌事務

電話番号

FAX ・ E-mail

地域課

市町担当普及指導員を配置し、地域特産物の生産振興や地域農業を支える多様な担い手の育成、確保など地域農業の活性化に向けた支援を中心に取り組んでいます。
・地域農業振興計画に関すること
・水田農業経営に関すること
・集落営農の組織化の推進
・女性・高齢者等多様な担い手の育成

0791-58-2209

0791-58-1030

kotonk@pref.hyogo.lg.jp

経営課

野菜、果樹、花き、畜産、農産物活用、農業経営の指導項目を担当する普及指導員を配置し、高度で専門的な技術、農業経営の支援を中心に取り組んでいます。
・野菜、果樹、花き、畜産、農産物活用、農業経営の高度で専

 門的な農業技術の普及指導
・新規就農相談や青年農業者の育成支援

0791-58-2211

普及センターの活動

令和2年度の重要施策
1 普及指導活動の基本方針
 次世代へつなぐ活力ある赤佐農業を構築!
「ひょうご農林水産ビジョン2025」「西播磨地域アクションプラン」に掲げる施策及び「県協同農業改良普及事業の実施に関する方針」に基づき、農業改良普及センターが担う課題解決のため、毎年度「普及指導活動年度計画書」を作成、効率的かつ効果的な普及活動を展開します。

2 年度計画
(1)地域特性を活かした果樹・花き・特用作物等の振興
  花壇苗生産者を対象に、主要品目の葉ボタンの新品種の栽培特性を把握し、品質向上に取り組む。
  また、部会の自主的かつ計画的な運営を支援する。

(2)ひょうごの強みを活かした県産米の生産振興
  土地利用型農家を対象に、多収性品種の特性に合った栽培基準作りのため、実証ほを設置し、植え付け株数や施肥改善により、収量、品質向上を図る。
  地域に適したスマート農業技術を導入し、水管理、病害虫防除、除草作業の労働軽減を図る。

(3)新規就農者の確保・育成
  野菜を生産する新規就農者(就農5年未満)を対象に、先進地視察研修や栽培講習等を開催し、基本的栽培技術の習得を支援し、経営改善を図る。
  また、有志で結成する西はりま軟弱野菜研究会に対して、「ひょうご推奨ブランド」の取得により、販売促進と栽培技術の向上に取り組む。

(4)高度な飼養管理技術の導入による生産性の向上
  経営規模拡大を志向している酪農家に対し、乳牛行動学に基づいた牛舎整備計画の作成支援を行う。
  また、従業員の更衣室や休憩室の設置支援、作業体系のマニュアル作成を支援し、従業員が働きやすい労働条件を整備する。

(5)農商工連携の推進によるフードチェーン構築とブランド力強化
  佐用もち大豆振興部会を対象に、実証ほの設置や栽培技術研修会を開催し、大豆の安定生産技術の確立と生産意欲の向上を図る。
  また、町内の加工施設を対象に加工体制の見直しを支援し、新たな生産販売体制づくりに取り組む。

事業等の紹介、関連するページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。