ここから本文です。

警察事務職

警察組織の一員として社会の安全に貢献。事務職の立場から。

永良蓮

県警察本部 総務部 会計課
職員 永良 連

Q.現在の主な仕事は。
 現在は主に交通警察活動に必要な物品等の調達を行っています。例えば、交通違反をした際に交付する交通反則切符や運転免許証の作成に必要となる台紙、運転免許証の更新の際の講習で使用する教本等があります。その他にも事務作業に必要な文房具や、捜査活動で使用するデジタルカメラ等も購入しています。


Q.なぜ兵庫県職員を目指したのか。
 警察事務職は、警察活動に必要となる物品等を調達したり、給与の計算や福利厚生の業務を行ったりすることで、警察活動が円滑に行なえるように仕事をしています。警察事務職は警察の裏方と思われることが多いですが、実際は、警察官をサポートするだけでなく、警察組織の基盤となって業務を行っています。警察組織を発展させる一員として働きたいと思い、警察事務職を目指しました。


Q.これまでの業務で印象に残っていること。
 国の予算を執行する業務をしていた際に、会計検査院や警察庁の職員による検査を受検したことです。国費で調達された物品を管理する書類や警察車両の売却等の契約をした際の事務が適正に行われているか検査を受けました。検査を受ける際の独特の雰囲気と緊張感がとても印象深く残っています。


Q.仕事をする上で心掛けていることは。
 一番心掛けていることは、スピード感をもって仕事をすることです。物品を調達する場合は、購入の依頼から納品されるまでに要する時間をできる限り短くするために、迅速に事務を進めることを意識しています。公金を無駄にすることはできませんので、多くの業者を募って価格を競争させ、より安価な金額で契約をすることで、経費の節減ができるように努めています。


Q.仕事のおもしろいところ、難しいところは。
 警察事務に限らず公務員の仕事は法律や規則でひとつひとつ細かく定められています。大学では講義で法律に触れることが多かったこともあり、日々の業務で根拠となる条文を調べながら事務処理をし、知らないことを新たに発見していくところがおもしろいと思います。難しいと思うところは、限られた予算の中で、いかに効果的に執行できるかを考えながら業務を進めなければいけないという点です。


Q.今後チャレンジしたいことは。
 警察事務の仕事は多岐にわたります。これまで、遺失・拾得事務を始め、物品の管理、旅費の計算、物品の調達等の業務に携わりましたので、今後は、携わったことのない新しい業務にチャレンジしたいです。様々な仕事を経験することで、オールラウンドに活躍できるように成長したいと思います。


Q.県職員として働く魅力は。
 一つの業務だけでなく、様々な業務を経験することができるという点です。定期的に部署の異動があるので、多種多様な業務を経験することでスキルアップにつながります。環境の変化を楽しめるところも魅力のひとつだと思います。警察事務は、警察署で勤務することが多く、広域にわたる兵庫県の市町のそれぞれの地域性を知ることもできます。


これまでの配属先
平成27年4月 相生警察署会計課
平成29年3月 現所属

警察組織を支える存在

兵庫県警察本部 総務部 会計課
職員 吉田 昌代

Q.現在の仕事を教えてください
 警察本部会計課の施設係で、交番や駐在所、警察署等の警察施設の新築事業に関する事務を担当しています。具体的には、警察施設の新築工事の入札及び契約に関する事務や、工事費等の予算を確保し執行していく仕事です。実際に工事対象である警察施設の視察に行くこともあります。


Q.県職員の志望理由
 警察官は捜査や取締りが主な仕事であり、警察官だけではできない仕事を警察事務職が行っています。警察事務職がいるからこそ制服や車両の管理、職員の給与管理ができると思います。私は、警察事務職が警察組織を運営する基盤的な役割を担っているところに魅力を感じたので志望しました。


Q.入庁前後で感じたギャップ
 入庁前は、警察というだけで構えてしまい、雰囲気も堅そうなイメージを持っていましたが、実際働いてみると、職場は明るく和気あいあいとしていて、私の想像とは違っていました。初めは分からないことばかりで不安でしたが、周りの人が温かく接してくれたので、私もすぐに馴染むことができました。


Q.仕事の魅力ややりがい
 警察署では落とし物窓口を担当し、取り扱う件数が多くて「大変だな」と思うこともありましたが、返還した時に落とし主の笑顔を見ると、頑張って良かったと思える仕事でした。現在は、警察施設が完成し、ニュースや新聞に載った時、自分が大きな事業に携われたことにやりがいを感じています。


Q.印象に残っていること
 警察事務職は採用後約1か月間全寮制の警察学校に入校します。学校での生活は本当に厳しく何回も心が折れそうになりましたが、お互い励まし合える同期のおかげで乗り越えられることができ、絆も深まりました。


Q.仕事をする上で心がけていること
 私が心がけていることは“迅速そして丁寧に”です。落とし物窓口では県民の方と接するため、スムーズな窓口対応と丁寧な応接をするよう努めていました。現在の仕事では予算や契約事務を取扱うため、書類作成時に間違いがないよう注意し、スピード感を持って仕事をするよう心がけています。


Q.県職員をめざす人へメッセージ
 警察事務職の業務内容は幅広いため、様々な分野で自らの能力を発揮できると思います。警察官のように直接的に県民の安全を守る仕事ではありませんが、警察組織を支えていくためには、なくてはならない存在です。皆さんが警察事務職員となり、共に仕事ができる日が来ることを楽しみにしています。


これまでの配属先
平成27年4月 兵庫県警察学校
平成27年4月 尼崎北警察署会計課
平成29年3月 現所属

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:人事委員会事務局 任用課

電話:078-362-3802

FAX:078-362-3934

Eメール:jinji_ninyou@pref.hyogo.lg.jp

page top