ここから本文です。

臨床検査技師

自分の経験が知識に。日々治療に役立つ検査を。

琉隼人

県立こども病院検査部
職員 琉 隼人

Q.現在の主な仕事は。
 主に生化学免疫検査に従事しています。小児専門病院のため採血量が非常に少ないことが多々ありますが、工夫をしながら依頼医の要望に応える努力をしています。最近では遺伝子検査も行うようになり、幅広い分野で日々検査を行っています。


Q.なぜ兵庫県職員を目指したのか。
 就職活動中にたまたま兵庫県職員の募集をみかけ、兵庫県出身ということもあり受けてみようと思ったことがきっかけです。受験に際し兵庫県職員についていろいろ調べてみると、全国の中でも多くの県立病院数があり、高度な医療を提供していることが分かり、こんな環境の中で仕事をしてみたいと強く思うようになり兵庫県職員を目指しました。


Q.これまでの業務で印象に残っていること。
 以前の職場で微生物検査を担当していましたが、血液培養陽性をドクターに連絡した際、推定菌種について質問がありました。グラム陰性桿菌ではありましたが腸内細菌よりも細く見えたため、緑膿菌やS. maltophiliaなどの非発酵菌群を推定し、S. maltophiliaであればカルバペネム系抗菌薬が無効であることも合わせて伝え、治療に役立つことが出来ました。後日そのドクターから謝辞をいただき、やりがいを感じたことが印象に残っています。


Q.仕事をする上で心掛けていることは。
 正しい検査結果を臨床に返すことはもちろんですが、可能な限り付加価値を付けた結果を返せるように心がけています。パニック値を報告する際も患者さんの危機的な病態を反映しているか他の検査データと見比べ、もし違和感を覚えたら依頼医に質問や確認をしています。


Q.仕事のおもしろいところ、難しいところは。
 臨床検査技師は幅広い分野の検査をこなすことが出来る職種です。私自身これまで生理検査、生化学検査、輸血検査、微生物検査を担当したことがあり、担当が変わるたびに新しいことが出来る楽しさがありました。その反面、最初の頃は知識不足のためたくさん勉強をする必要があることや、検査技術の進歩により新たな検査法が出てくるなど常に情報をアップデートする必要があります。


Q.今後チャレンジしたいことは。
 各種認定検査技師の資格を取得したいと考えています。そのためには経験年数や学会での発表、論文の掲載など高いハードルがいくつもありますが、自己研鑽の一環として取り組んでいきたいと思っています。


Q.県職員として働く魅力は。
 実際に働いてみて思ったことは非常に働きやすい環境であるということです。例えば相互研修という制度で、他の県立病院でしかやっていないような検査についても学ぶことができるところです。研修を通じて新たな知識を取り入れられることに加え、人脈を広げられることも魅力のひとつです。公務員ということで転勤がありますが、それぞれの病院で異なる特色があるため私はメリットと捉えています。


これまでの配属先
平成25年4月 県立姫路循環器病センター
令和2年4月   現所属 

多様な環境を経験し、柔軟性のある検査技師へ。

01臨床検査技師

県立西宮病院検査部
職員 寺内 麻優子

Q.現在の仕事を教えてください。
 県立西宮病院で、臨床検査技師として病理検査室に勤務しています。病理検査室では組織診、細胞診業務を担当しています。採血、当直業務も行っています。


Q.県職員の志望理由。
 自身が育った兵庫県に愛着があり、恩返ししたいという気持ちがありました。医療従事者としてだけではなく、県職員としても県民の健康・福祉に寄り添いたいと考え、志望しました。


Q.入庁前後で感じたギャップ。
 県立病院に転勤はつきものですが、人見知りな性格もあり不安に感じていました。施設間の技術・知識を共有する相互研修や部門ごとの研修会を通し、交流が生まれ、他施設の方にも支えられています。入庁した今は、多様な環境を経験できる転勤制度を活かし、柔軟性のある検査技師になりたいと思っています。


Q.仕事の魅力ややりがい。
 私が所属する病理検査は、結果が最終診断となり、治療方針を決定するうえで重要な部門です。診断に直結する標本作製は検査技師が行いますが、機械化が難しい過程が多く、質が問われます。自分の技術が患者様の治療に関わるという責任感を原動力として働く日々にやりがいを感じています。


Q.印象に残っていること。
 入庁2年目で細胞検査士の資格を取得しました。西宮病院の症例はもちろんですが、尼崎総合医療センターやがんセンターでも多数の症例を見せていただき、合格された先輩からお話を聞くことができました。県立病院は経験豊富な先輩方が多く、資格取得の体制が充実している環境だと実感しました。


Q.仕事をする上で心がけていること 。
 人とのつながりを意識するようにしています。検査技師は「検査室にいる人」というイメージが強いですが、採血や検査説明など患者様とコミュニケーションを取る機会が多々あります。患者様の思いをくみ取れる検査技師を目指して努力しています。


Q.県職員をめざす人へメッセージ 。
 症例豊富で高度な技術をもつ施設と専門的な知識をもつ検査技師がそろっている兵庫県立病院は学び、成長できる場所です。福利厚生制度も充実しており、ライフスタイルが変わっても働きやすい環境です。みなさんと一緒に働ける日を楽しみにしています。


これまでの配属先
平成27年4月 現所属

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:人事委員会事務局 任用課

電話:078-362-9349

FAX:078-362-3934

Eメール:jinji_ninyou@pref.hyogo.lg.jp

page top