ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 採用試験 > 県庁の仕事 > 電気職

ここから本文です。

更新日:2021年6月1日

電気職

既存施設の改修など困難が多い工事ほど達成感を感じる

Fujiwara

県土整備部 土木局

河川整備課 維持防災班

主査 藤原 洋幸

Q.これまでどんな仕事をしましたか。

 設備課では、県立施設の受変電設備や電灯設備、通信設備などの設計、積算、工事監理をしていました。常に複数の設計、工事を同時並行で進めていて、1つの現場に月2、3回は足を運びます。新築よりも難しい工事が、庁舎や校舎など既存施設の設備改修です。勤務中、授業中に工事をするので運営にできるだけ支障を来さないよう工程を組みます。音を出してはいけないなど何かと制約が多いですが、無事に終えた時の達成感は格別です。

Q.民間企業で働いていた頃との違いは。

 大学卒業後、民間企業での勤務を経て県職員になりました。会社員時代は有給休暇がなかなか取れなかったので、県も同じだろうと思っていましたが、実際は時間単位で柔軟に取得できることが意外でした。保育園から子どもが熱を出したと連絡を受けた時も、終業時間までを有休にして迎えに行きました。もちろん週休2日を確保でき、ワークライフバランスがしっかりと取れています。

これまでの配属先                                                                                                                  平成20年4月 尼崎港管理事務所施設課
平成23年4月 住宅供給公社住宅整備部改善維持課
平成26年4月 県土整備部土木局下水道課経営管理班
平成27年4月 県土整備部土木局下水道課電気設備班
平成29年4月 近畿地方整備局情報通信技術課
平成30年4月 現所属

設計する上で心がけていることは「地域貢献度」と「費用対効果」

顔写真

県土整備部 住宅建築局 

設備課  電気設備班

主任 田尻 知輝

Q.これまでどんな仕事をしましたか。

 尼崎港管理事務所では、地盤高が低い市街地を、津波や高潮から守っている閘門や排水機場の電気・通信・情報設備等に関する設計、積算、工事監理、維持管理、長期計画策定、予算要求等を行っていました。また報道機関による閘門の取材対応やイベントの企画等、広報活動もしていました。

Q.県職員の志望理由は。

 私は国家公務員を経て兵庫県に入庁しました。様々な分野に携わることができる県に魅力を感じたことと、地域に密着した仕事をしたいと思ったからです。省庁ごとに採用される国と比べ、県は分野をまたがっての異動があり、様々な仕事に携わることができます。

Q.入庁前後で感じたギャップは。

 兵庫県では、技術職と事務職が同じ課にいて、一緒にチームワークで仕事をしている部署も多いです。行政組織はどうしても縦割りになりがちなので、それぞれ課が分かれて連携が図りにくいイメージがありましたが、兵庫県はチームワーク良く働いています。

Q.仕事の魅力ややりがいは。

 社会貢献となる行政の仕事で且つ様々な分野に携わることができる兵庫県の仕事には魅力がたくさんあります。実際に、最初に配属された建築指導課では、建築設備の安全性を確保するために建築基準法に関する仕事をしていましたし、尼崎港管理事務所では様々な防災関連の仕事に取り組みました。現在の設備課では県有施設における建築設備の設計・工事管理に携わっています。

Q.印象に残っていることは。

 自分が現地調査をし、設計・工事監理した設備が完成し、稼動した時や、建築基準法の取扱いに関し、他府県や政令市と会議や検討を重ねた結果、共通取扱集を策定できた時に達成感とやりがいを感じたことが印象的です。

Q.仕事をする上で心がけていることは。

 電気設備を設計する上で心がけていることは「地域貢献度」と「費用対効果」です。まず、設計しようとしている電気設備を整備することにより、どのような地域貢献があり、費用に見合った効果があるのかを検討します。次にどの方式の電気設備が最善なのか見極めていく必要があります。

Q.県職員をめざす人へメッセージ

 兵庫県は、大都市から農山村、離島まで、さまざまな地域で構成されており、その多様な気候と風土から、「日本の縮図」といわれています。そんな兵庫県で、あなたの電気職としての専門性を活かして、ぜひ一緒に働きましょう。

これまでの配属先
平成27年4月 県土整備部 住宅建築局 建築指導課 建築指導班
平成29年4月 阪神南県民センター 尼崎港管理事務所 施設課
令和2年4月   現所属

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:人事委員会事務局 任用課

電話:078-362-3802

FAX:078-362-3934

Eメール:jinji_ninyou@pref.hyogo.lg.jp