ここから本文です。

栄養士

チーム医療への参加で芽生えた”医療人”の自覚

endo

県立加古川医療センター

栄養管理部 栄養管理課

職員 遠藤 修史

Q.現在の主な仕事は。

 医師や看護師、薬剤師、管理栄養士などで構成する栄養サポートチーム(NST)や生活習慣病センター、緩和ケアチームの一員として、さまざまな疾患に応じた栄養治療に携わっています。チームで定期的に開くカンファレンスでは、患者さんの栄養摂取量を評価し、過剰または不足している場合は適切な食事のメニューや量、点滴の薬剤の変更などを提案します。それによって検査結果や栄養状態が改善し、患者さんの状態が良くなってくるとやりがいを感じます。

Q.印象に残っていることは。

 入庁5年目に「医療の質向上に貢献した」と評価され、職員表彰を受けたことです。カンファレンスに参加し始めた頃は専門用語が分からず、まるで外国語を聞いているようでした。チームの足を引っ張らないよう病態や治療法について勉強を重ね、他の職種についても理解を深めてきました。全力投球で取り組んできた努力が報われたと感じましたね。

これまでの配属先
平成25年4月 柏原病院総務部栄養指導課
平成31年4月 現所属

患者様からの喜びの声が日々の励みです

顔写真

県立尼崎総合医療センター

栄養管理部 栄養管理課

職員 村上 綾香

Q.現在の仕事は。

 高度専門・救急医療や地域医療に力を入れている阪神地域中核病院において、入院中の患者様に対して個々の病態に応じた適切な治療食を提供するための給食管理業務、また入院・外来患者様に対して栄養指導や栄養管理を行い、疾患の早期治癒を図る事を目指しています。

Q.県職員の志望理由は。

 大学の臨地実習において兵庫県内の病院や健康福祉事務所で管理栄養士業務を学び、地域の拠点病院で栄養管理・指導業務を通して治療のサポートをしたいと思いました。兵庫県立病院は、9つの総合病院・専門病院があり、多様な経験ができると思い志望しました。

Q.入庁前後で感じたギャップは。

 1年目から任せていただける業務内容が多くある事です。入職するまでは、経験が浅いため任される業務は少ないと思っておりましたが、献立作成や栄養指導業務、文書作成など業務内容が多岐にわたり、経験させていただける反面、責任を持って取り組む必要があると強く感じました。

Q.仕事の魅力ややりがいは。

 食思不振、栄養不良の患者様に対して、アセスメントを行い多職種と相談しながら食事や薬剤の調整などにより軽快に向かい、栄養状態が改善していくのを実感できる事です。実際に患者様に接する機会が多く、患者様からの喜びの声を聞く事ができ日々の励みになります。

Q.印象に残っていることは。

 入職2年目に2つの県立病院が統合し、新病院が開院となりました。開院までに新献立作成や電子カルテの整備など新しい運用を検討しなければいけない点が多々あり、業務量が多く大変ではありましたが、達成感があり非常に印象に残っています。

Q.仕事をする上で心がけていることは。

 業務が上手く前に進まない時は、上司や先輩に相談、他部署と調整が必要な場合は調整し、結果を報告するようにしています。学生時代はひとりで考え込む事が多々ありましたが、仕事をなるべく早く前に進めるために早い段階で相談するように心がけています。

Q.県職員をめざす人へメッセージ

 兵庫県では、病院だけではなく健康福祉事務所や本庁など、活躍できる場が多くあります。管理栄養士として様々な分野を経験できる兵庫県職員になり、県民の健康づくりを一緒にサポートしませんか?

これまでの配属先
平成26年4月 県立尼崎病院栄養管理部栄養管理課
平成27年7月 現所属

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:人事委員会事務局 任用課

電話:078-362-3802

FAX:078-362-3934

Eメール:jinji_ninyou@pref.hyogo.lg.jp

page top