ここから本文です。

理学療法士

心身ともに寄り添い、最善のリハビリテーションを考え続ける。 

吉田貴信

尼崎総合医療センターリハビリテーション部
職員 吉田 貴信

Q.現在の主な仕事は。
 私は集中治療室(ICU)におけるリハビリテーションを担当しています。対象疾患は循環器・脳卒中・消化器疾患など多岐にわたり、各々に応じたリハビリテーションを実施しています。毎朝医師や看護師、理学療法士、薬剤師、栄養士など多職種でカンファレンスを行いリハビリテーション内容や治療方針を決めていきます。人工呼吸器管理が必要な患者さんでも可及的早期からリハビリテーションを実施し、全身状態の改善に努めています。


Q.なぜ兵庫県職員を目指したのか。
 私は急性期のリハビリテーションに興味がありました。兵庫県は急性期リハビリテーションが充実しており、県立病院は各圏域の中核病院であることから幅広い分野のリハビリテーションを経験することが出来るからです。さらに専門性が高く、病院設備も整っており、私自身が生まれ育った兵庫県のために貢献し、働きたいと思い志望しました。


Q.これまでの業務で印象に残っていること。
 集中治療室(ICU)に入室した患者さんとのエピソードが印象に残っています。人工呼吸器を装着した状態からでもリハビリテーションで座る練習を開始し、徐々に全身状態が改善していき、無事に退院することが出来ました。患者さんから「ありがとう、担当があなたでよかった」と感謝されたことが嬉しく、印象に残っています。ICUからでも可及的早期からリハビリテーションを実施することや、日々のリハビリテーションの重要性を感じました。


Q.仕事をする上で心掛けていることは。
 急性期の患者さんは状態が変化しやすく、毎日リハビリテーション内容の検討が必要になります。医師や看護師など多職種で話し合い、患者さんにとってどのようなリハビリテーションが一番効果的か考えることを心掛けています。「患者さんが歩んでこられた人生に目を向けて、心身ともに寄り添い、最善のリハビリテーションを実施できる理学療法士」をモットーに日々業務にあたっています。


Q.仕事のおもしろいところ、難しいところは。
 急性期リハビリテーションのおもしろいところは、リハビリテーションを実施していく中で患者さんが意欲的にリハビリテーションに取り組み、日々患者さんの状態が良くなっていくのを感じることです。患者さんの病態に応じて何が一番効果的なリハビリテーションかを試行錯誤しながら実施するのは難しいことも多いですが、それも理学療法士のやり甲斐の一つと感じています。


Q.今後チャレンジしたいことは。
 臨床面だけではなく集中治療室(ICU)や循環器領域において入院時や退院時の動作能力などが転帰先や今後の予後に関する研究などにもチャレンジしていきたいと思っています。


Q.県職員として働く魅力は。
 県立病院では幅広い分野のリハビリテーションを経験することが出来ることや、高度な専門性や病院設備が整っているため多くの経験、技術や知識を身につけることが出来ます。教育環境では指導者がいるので相談もしやすく、自身のスキルアップにもつながります。県職員として働く魅力として、福利厚生やワークライフバランスの充実も県職員としての魅力と感じています。


これまでの配属先
平成28年4月  現所属

自分の介入が患者さんのために

ikeda

県立淡路医療センターリハビリテーション部
職員 池田 陽祐

Q.現在の仕事を教えてください。
 現在、兵庫県立淡路医療センターにて急性期におけるリハビリテーションに携わっています。脳卒中、運動器疾患、内部疾患と対象となる疾患は多岐にわたっており、各々に対応したリハビリテーションを実施しています。当院は急性期病院であり、何れの疾患でも状態に応じ可及的早期のリハビリテーションを提供しています。


Q.県職員の志望理由。
 県立病院は、各圏域の中核病院であり多くの疾患のリハビリテーションを経験でき、専門性が高く素晴らしい設備が整っており、生まれ育った兵庫県のために働きたいと思い志望しました。


Q.入庁前後で感じたギャップ。
 学生時代は急性期病院での経験がなく、漠然としたイメージしかありませんでしたが、点滴がたくさんついていたり、人工呼吸器管理中であってもリハビリテーションを行っている状況を目の当たりにし驚きました。今は自分が実践できるように、先輩方の背中を追っています。


Q.仕事の魅力ややりがい。
 患者さんが、リハビリテーションを通し良くなり、笑顔で帰ってくれることに魅力を感じます。各々の疾患や患者さんの状況に応じたリハビリテーションプログラムを立案し実施しています。うまく行かないことも多々ありますが、患者さんと試行錯誤する中で患者さんが改善していく姿を見ることができるように努めています。


Q.印象に残っていること。
 緩和ケアの患者さんとのエピソードが印象に残っています。本人・家族の希望から亡くなる前日までリハビリテーションを実施させてもらいました。後に家族から「本人の楽しみがリハビリ」だった。との話を聞き、悲しい気持ちもありましたが、自分の介入がその患者さんのためになっていたことに嬉しさを感じました。


Q.仕事をする上で心がけていること。
 リハビリテーションの力は非力ではありますが、時に患者さんの大きな力になると考えています。「リハビリで患者さんを治しているのではなく、患者さんの援助をリハビリテーションを通じてさせてもらっている」とうい立場をもち、仕事にあたっています。


Q.県職員をめざす人へメッセージ。
 少子高齢化が進む中、理学療法士の職域は拡大しています。それに伴い、幅広い知識と技術が今まで以上に必要となってきていると思います。県立病院では、そのような中で多くの経験を積むことができる非常に良い環境が揃っています。ぜひ一緒に働きましょう。


これまでの配属先
平成29年4月 現所属

 

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:人事委員会事務局 任用課

電話:078-362-9349

FAX:078-362-3934

Eメール:jinji_ninyou@pref.hyogo.lg.jp

page top