ここから本文です。

花粉情報

 春の花粉飛散状況 スギ・ヒノキ花粉飛散・終了日 春の花粉飛散カレンダー
 夏から冬の花粉飛散状況 夏から冬の花粉飛散カレンダー 花粉の種類と予防対策

 春(スギ・カバノキ科・ヒノキ)の花粉飛散状況(2024年5月15日現在)

春の花粉map

  • 花粉飛散量のランクについて:令和5年12月、「花粉情報等標準化委員会」(日本花粉学会)にて新たな基準が決定され、今シーズンより100個以上の「極めて多い」というランクを新設し、これに伴ってこれまでの「非常に多い」というランクを50個以上から100個未満に改訂しました。

花粉飛散の概況

ヒノキ花粉は、洲本で5月10日に飛散終了を確認しました。

各観測点での今シーズンの花粉飛散数の昨年度比は、宝塚(スギ46.0%、ヒノキ19.1%)、龍野(スギ19.0%、ヒノキ12.8%)、豊岡(スギ14.8%、ヒノキ9.0%)、洲本(スギ29.3%、ヒノキ18.2%)、健科研(加古川)(スギ28.1%、ヒノキ16.9%)でスギ、ヒノキともに昨年度を大きく下回り、例年よりも少ない飛散数でした。

兵庫県の全観測点での飛散終了が確認できましたので、今シーズンのスギ・ヒノキ・カバノキ花粉飛散状況調査にかかる「兵庫県の花粉情報」は5月15日現在のデータをもって終了します。5月20日からはブタクサ・ヨモギ花粉飛散状況調査に移行します。

ページの先頭へ戻る

今シーズン(2024年)春のスギ・ヒノキ花粉飛散状況

宝塚グラフ

龍野グラフ

豊岡グラフ

洲本グラフ

健科研グラフ

ページの先頭へ戻る

 昨シーズン(2023年)と今シーズン(2024年)のスギ・ヒノキ・カバノキ科花粉飛散状況の比較

 県内観測点のスギ・ヒノキ花粉飛散開始日・終了日

昨シーズンと今シーズンのスギ・ヒノキ花粉飛散開始日・終了日

観測点 昨シーズン(2023年) 今シーズン(2024年)
スギ花粉飛散開始日 ヒノキ花粉飛散終了日 スギ花粉飛散開始日 ヒノキ花粉飛散終了日
宝塚健康福祉事務所 2月18日 4月24日 2月16日 5月7日
龍野健康福祉事務所 2月18日 5月2日 2月15日 5月5日
豊岡健康福祉事務所 2月22日 5月9日 2月14日 4月28日
洲本健康福祉事務所 2月18日 5月8日 2月13日 5月10日

健康科学研究所(加古川)

2月18日 4月24日 2月15日 5月6日
  • 飛散開始日:1月1日より初めて花粉調査用スライドグラス1㎠あたり1.0個以上の花粉が連続2日以上観測された最初の日
  • 飛散終了日:飛散終了期に降雨の影響なく3日連続して花粉調査用スライド1㎠あたり0個が続いた最初の日の前日または、5日連続して0個が続いた最初の日の前日のうち早い方の日

 春(スギ・カバノキ科・ヒノキ)の花粉飛散カレンダー

2024春カレンダー

ページの先頭へ戻る

 

 夏から冬(ブタクサ・ヨモギ)の花粉飛散状況(2024年1月28日現在)

各観測点の花粉飛散カレンダー

花粉飛散の概況

キク科ヨモギ属の花粉は、宝塚、洲本で飛散が確認されています。
キク科ブタクサ属は、観測されていません。
その他の花粉としては、スギ花粉が龍野、豊岡、洲本、健科研(加古川)で観測されています。カバノキ科の花粉が宝塚、龍野、洲本、健科研(加古川)で観測されています。
これらの花粉症の方は、ご注意ください。
今シーズンのブタクサ・ヨモギ花粉飛散状況調査は、1月28日現在のデータをもって終了します。1月29日よりスギ・ヒノキ・カバノキ科花粉飛散状況調査に移行します。

 夏から冬(ブタクサ・ヨモギ)の花粉飛散カレンダー

2023夏カレンダー

ページの先頭へ戻る

 

 

お問い合わせ

部署名:兵庫県立健康科学研究所  

電話:079-440-9090

FAX:079-438-5570

Eメール:Kenkokagaku@pref.hyogo.lg.jp