ホーム > 組織情報一覧 > 総務部 > 総務部 秘書広報室 広報広聴課

更新日:2022年6月24日

ここから本文です。

総務部 秘書広報室 広報広聴課

業務内容

県政の取り組みや県の魅力を分かりやすく効果的に発信するため、広報紙やテレビ、ラジオ、インターネットなど各種広報媒体等を活用し、戦略的な広報を行っています。
また、県民の皆さまの意向を的確に把握するとともに、県民の皆さまとの対話を積極的に推進するなど、多様なチャンネルを通じ、生活者視点で県政と県民とのコミュニケーションの確立を図っています。

問い合わせ先

〒650-8567
兵庫県神戸市中央区下山手通5-10-1(2号館1階・4階)

班名 分掌事務 電話番号 FAX・E-mail
広報プロデューサー等
(2号館4階)
  1. 県広報のコンセプト立案
  2. 県広報刊行物デザイン等の指導・助言

078-362-3016

FAX:
078-362-3903
E-Mail:
kouhouka1@pref.hyogo.lg.jp
広報戦略班
(2号館4階)
  1. 予算・決算・庶務
  2. 県広報の企画・相談
  3. ラジオ知事トーク番組
  4. 兵庫五国連邦(U5H)プロジェクト
  5. はばタン広報活用・管理運用
  6. 県ホームページの総合調整・運営
  7. SNS(ツイッター、フェイスブック等)による広報
  8. ひょうごチャンネル
  9. 展示広報

078-362-3016

報道班
(2号館4階)
  1. 報道機関への情報提供
  2. 新聞記者室・民放記者室・記者会見室の運営
  3. 北方領土返還運動の啓発

078-362-3020

地域広報班
(2号館4階)
  1. 県民だよりひょうご
  2. TV「ひょうご発信!」
  3. テレビ・ラジオを活用した県政情報・県の魅力の発信
  4. 点字広報
  5. 県政資料館

078-362-3019

広報専門員
(2号館4階)
  1. 各種大会・会議などにおける県政PR
  2. 各種広報媒体を通じた県政PR
078-362-3016
広聴相談班
(2号館1階)
  1. さわやか県民相談
  2. 県民交流バス(旧:走る県民教室)
  3. 来庁者・県庁見学者の案内
  4. 兵庫県民総合相談センターの運営
  5. 県民の意向の把握(県民意識調査・県民モニター)
  6. 県の広聴活動の企画及び総合調整
078-362-3021 FAX:
078-362-4291
E-mail:
kocho@pref.hyogo.lg.jp

主要施策等

(1)戦略的な広報活動の展開

広報プロデューサー等による統一コンセプトのもと、「全庁広報力の充実強化」、「効果的な広報媒体の活用」、「県民が参画できる県広報基盤の確立」を柱として、県政情報や県の魅力を強力に発信する戦略的な広報活動を展開しています。

(2)県民の県政参画機会の充実

県ホームページ上で広く提案・意見を求める「県民モニター」「さわやか提案箱」をはじめ、「県民意識調査」「さわやか県民相談」等の広聴事業において、県民の満足度が高まるような事業展開を図るとともに、兵庫県民総合相談センターにおける相談事業の充実など、県民ニーズへの迅速な対応に努めています。

また、県民がバスを利用して県立施設等を見学する「県民交流バス(旧:走る県民教室)」や、県の仕事や県の姿を紹介する「県庁見学(小学生・団体向け)」を実施することにより、県民の県政への理解と参加を促進しています。

さらに、庁内放送や受付案内業務を通じて、きめ細やかな行政サービスに努めています。

広聴活動一覧

名称

内容

方法等

県民モニター

県民から募集したモニターに、県民に身近な課題について聴取し、意見・提言等を県政に反映

2,500人程度を公募し、年4回程度、インターネット上でアンケート調査を実施

さわやか提案箱

インターネット上で県政に関する意見・照会等に対応し、県民との対話機会を充実

県ホームページ上に「さわやか提案箱」を開設

県民意識調査

行政や暮らしに関するアンケートを実施し、県民意識を把握

年1回、5,000人を抽出し調査

さわやか県民相談

専用電話(フリーダイヤル)、面談等により、県民の県政に対する意見・要望や日常生活に係る相談事案などに対応

兵庫県民総合相談センター

県民局(神戸を除く)及び県庁広報広聴課に設置

県民総合相談

さわやか県民相談、法律相談、登記相談、エイズ電話相談、認知症・高齢者専門相談、家事(家庭問題)相談、交通事故相談、住まいの相談、外国人県民相談、国の行政相談を実施

兵庫県民総合相談センター

に各種相談窓口を設置

県民交流バス(旧:走る県民教室

県及び市町の施設等を地域住民が見学することを通じ、県政への理解と地域間交流を促進

地域団体等が借り上げるバス費用の一部を県が補助(県民局で受付)

県庁見学

  • 小学生:「県のようす」や「県のしごと」についての理解と郷土学習意欲の向上
  • 一般団体:県政に対する理解と県施策の浸透

視聴覚ルーム、みどり展望園(2号館13階)、災害対策センター、県公館、議場、警察本部などを案内

受付案内

来庁者等への案内業務等

県庁1号館と2号館に設置

事業等の紹介、関連するページ